FC2ブログ
hatakoが、お勧めするモノ・コト・旅をご案内いたします
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
アンデス展と仁和寺展とビュールレ展
3月になって、自分は異動しなかったものの、
同じチームだった先輩が異動になって超ロス(○○ロスってやつ)状態の今日この頃です。


さて、完全に忘れる前に、備忘録。
今年に入ってから色々行ったもの。

■古代アンデス文明展@かはく

1月末に行って、アンデスのお宝色々を見る。
「アンデス」ってまとめたタイトルだったからか、
「ナスカ」や「インカ」の時より全然空いていて(週末でも)、
結構写真も撮れたので、満足度高 ↑↑↑。
カラル、チャビン、モチェ、ナスカ、ティワナク、チムー、インカなどなど網羅。

アンデスに限らず、中南米はまだ発掘・解明途上の遺跡が多いので、
いずれまた同様の展覧会が開かれると思い、図録は買わず。

P1100843.jpg

ワイナール文化とガイナソ文化の器。

P1100856.jpg

シカン文化の金飾り。

P1100914.jpg

インカのキープ。

P1100924.jpg


■仁和寺と御室派のみほとけ@トーハク

全く興味がなかったのだけれど、トーハクのパスポート購入時の
観覧券を使う期限が迫ったのと、意外にも人気で大混雑という評判を聞き、
葛井寺の千手観音が見たくて2月末に行く。
日中はシニアで混んでいることを見越して、閉館前1時間半~閉館まで(これは正解)。
興味がなさ過ぎて知らな過ぎたので、逆に音声ガイドまで借りてしっかりと鑑賞。

空海=弘法大師 というのを知る……というか、たぶん知っていたんだけど、
空海空海と音声ガイドで言っているのになんで「弘法大師像」の絵なんだろう
と一瞬思ってしまったのは事実。

仁和寺の展示よりも、他の寺から来ている秘仏が興味深い。
徳島・雲辺寺の千手観音や、兵庫・神呪寺の如意輪観音など。
大阪・葛井寺の千手観音は、本当に千本以上の手がある唯一の千手観音。
正確には1,041本だそうで、少々気持ち悪かったけど、迫力十分で大満足。
↓このポスターの右側。

P1110149.jpg

仁和寺の観音堂の再現、ここだけ撮影可。

P1110166.jpg


■至上の印象派展 ビュールレ・コレクション@国立新美術館

ルノワールのイレーヌ嬢ほか、印象派のコレクション。たぶんすごく穴場。
モネやゴッホも多数あったけれど、あまり知られていないのか、ゆっくりと見られる。
唯一の不満は、規制線から「イレーヌ嬢」までの距離が遠過ぎ。
まつげがくっきりと……とテレビでやっていたけど、
絵自体がそこまで大きくないから、最前列でもくっきり感がほとんど見えない。
空いていたから最前列でものんびり見られたのに、残念。
本当に残念。

ところで、イレーヌ嬢、私には髪飾りの青いリボンが魚に見える。
昔ピアノ教室に通っていた時、ピアノの上にこの絵の複製画が掛けられていて、
そのときからずーっと思っていた。
ピチピチとした活きのいい魚……ルノワールファンに怒られそうだけど。
P1110181.jpg

会場で唯一撮影できたモネの睡蓮。

P1110176.jpg


早割チケットで、もう2枚買ってあるので、会期中もう一度行く予定。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© hatakoのモノ・コト案内. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。