FC2ブログ
hatakoが、お勧めするモノ・コト・旅をご案内いたします
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
アフガニスタン展×2
先日、若冲展のあと、同じく上野にあるトーハクと藝大美術館を梯子しました。

行ったのはそれぞれ、

トーハク、表慶館
「黄金のアフガニスタン~守りぬかれたシルクロードの秘宝」 

藝大美術館、陳列館
「アフガニスタン特別企画展 素心 バーミヤン大仏天井壁画~流出文化財とともに~」

s-s-P1070301.jpg


アフガニスタンといえば、タリバン政権によってバーミヤンの石仏が破壊された
というくらいしか歴史・美術的な知識はなかったのですが、
トーハクの「黄金の」という冠に興味を持ってサイトなどで見てみたら、
現アフガニスタンの場所は歴史的にとても興味深い、
文明の十字路的な場所にあるということがわかりました。
世界史好きにはたまらない……といったところでしょうか。
政情不安定な間隠されていた、守られていた文化財が久しぶりに
日の目を見たといった展示会でした。

トーハクでは、アフガニスタン国立博物館の貴重な収蔵品
(博物館員が極秘に博物館から運び出して隠していた)
の数々が見られます。
バクトリア、パルティア、クシャーナ朝といった中央アジアに興った王国が遺した
黄金の数々……。
中でも第3章の「ティリア・ペペ」紀元前1~紀元後1C、
サカ・パルティア時代の王族のお墓からの出土品は絢爛豪華で目を見張りました。

トーハクでの展示内容は大英博物館やメトロポリタン美術館などを巡回して
この度日本にやってきたようです。


藝大では、藝大の学長も務めていた画家の平山郁夫氏が
アフガニスタンの状況を憂えて流出文化財保護日本委員会を作ったそうで、
流出文化財を「文化財難民」として保護したそうです。
それらは本年アフガニスタンに返却予定だそうで、
その一部(他はトーハクに展示されています)と、
バーミヤンの石窟の原寸大復元模型が見られます。

藝大美術館は、ちょうど行ったときに樋口さんという先生が
説明してくれるタイミングだったのでラッキーでした。
復元も、いまはコンピューターで細部まで復元できるということで、
穴の内側の凸凹感まで忠実に復元されていました。

興味深かったのは、仏を取り巻く絵が、
ゾロアスター教にまつわる神や精霊や神官だということ。

また、仏像が見ていた景色として石窟の外の風景が壁一面に映像で写されていました。
バーミヤンには三藏法師が14日間も滞在したらしいです。

どちらも6/19(日)まで。
世界史好きにはとてもお勧め。
なお藝大は入館無料でした(募金を募っています)。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© hatakoのモノ・コト案内. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。