hatakoが、お勧めするモノ・コト・旅をご案内いたします
page top
若冲展 感想
さて、若冲展。

待っただけの甲斐がある展覧会でした。

特にに入った絵たち。(観た順ではなく展示番号順)

ロビー階
「旭日鳳凰図」
「孔雀鳳凰図」
「虎図」
「花鳥版画 橡(くぬぎ)に鸚哥(インコ)図」
「花鳥版画 薔薇に鸚哥図」

1階 動植綵絵
「2-2 老松白鳳図」
「2-3 薔薇小禽図」
「2-7 老松鸚鵡図」
「2-11 向日葵雄鶏図」
「2-14 紫陽花双鶏図」
「2-17 芍薬群蝶図」
「2-18 秋塘群雀図」
「2-19 雪中鴛鴦図」

2階
「果蔬涅槃図」
「菜蟲譜」
「石燈籠図屏風」
「象と鯨図屏風」
「菊花図」
「鷲図」

こう挙げると「特に気に入った」ものだけでもいっぱいですが。
彩色画はとにかく緻密。
水墨画は、ざっくりしているようで対象をよく捉え、洒脱。
動植綵絵のシリーズは、「特に」を挙げるのが難しいくらい傑作揃いでした。

9時に入って2時間半、堪能しました。
1階を最前列で見るのにかかった時間がそのうちの1時間以上ですが……。

1階は中央に釈迦三尊、左側が偶数番号の絵、
右側が奇数番号の絵という展示で、全体を見渡せない混雑の中では
どれとどれが対照だな、というのがわかりにくくて残念でした。
あの混雑の中では普通に順番通り並べてもらった方がよかった。
(あとで図録で復習しました)

2階を先に見て、その流れでお土産もさくっと買ったので、
お土産レジには並ばずに済みました。
完売商品も多かったのですが、絵葉書と一筆箋とお酒を買いました。
観終わった頃にはレジも100人以上待ちくらいになっていました。
混むと1時間待ちくらいなようです。

図録もとてもよかったです。
外に特設図録売場は渡す人が1人しかいなくて
列があまり進んでいないようでしたのでミュージアムショップで買いましたが、
クレジットカードも使えたし、販売員が3人いてあまり待つこともなく。
ただ、15日の午前中に図録完売したみたいですね。
送料無料で郵送受付となっているらしいです。
それもまた受付に時間かかってそうですが……。

そんなわけで、色々と大変な思いもしましたが、
10年以上前から若冲・雪村・松園ファンを自称している身としては
混雑情報にめげずに行ってみてよかったです。
昔はそんなに混まなかったんですけどね……。
テレビでいっぱい特集していたせいですかね。

朝、近くで並んでいた人たちと話したのですが、
前日とか数日前に来たら混んでいたので
チケットだけ買って出直したという人ばかりでしたね。

私も最初は火曜日の午後に行こうとして、140分待ち情報で断念したので、
早朝コースに変更したお仲間たちとして待ち時間に盛り上がりました。

5月24日までです。
行くなら7時半までには並ぶ早朝コースをお勧めします。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© hatakoのモノ・コト案内. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG