hatakoが、お勧めするモノ・コト・旅をご案内いたします
page top
黒田清輝展@トーハク


都美で開催中の若冲展に行きたかったのですが、
日に日に伸びる待ち時間。GW中を上回る混雑ぶりに断念しました。
平日に、午後になっても140分待ちって(>_<)

代わりにトーハクで開催中の「黄金のアフガニスタン」を……と思ったのですが、
同時にトーハクで開催していた黒田清輝展に目が止まり、
日曜日までだったのでそちらを見てきました。

「教科書でみた。
でもそれだけじゃない。」
というキャッチコピー。

言い得て妙でした。

はっきり言って、全く興味なかったんですよ。
興味なさすぎて背景がわからなかったので、
滅多に借りない音声ガイドまで借りちゃいました。

結論から言うと、
やっぱりいいものはいい、本物を見ないとダメだな~
ということ。

教科書の紙質で代表作の「読書」や「湖畔」を見ると、
のっぺりして見えるんですよね。
でも実物はそんなことはなくて。
外光派の師匠やバルビゾン派や印象派の影響も受けて描かれた数々の絵は、
日本近代洋画の巨匠が描いたと言うに値する、多彩な洋画たちでした。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© hatakoのモノ・コト案内. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG