hatakoが、お勧めするモノ・コト・旅をご案内いたします
page top
アイルランドの旅
すっかりほったかしのブログになってしまいましたが……。

先月下旬、4泊7日でアイルランドのツアーに参加してきました。

きちんと旅行記書けるか怪しいので、ざっくり書いておきます。

イスタンブール経由だったのでとにかく移動に時間がかかりましたが、
一人参加料込で22万くらいだったので、アイルランドとしてはリーズナブルでした。

アイルランドは、八重桜が満開……、旅行中少し雪が舞う時もあったような、
東京から1か月遅れ位の季節感でした。

今回は連休の日程が先に決まってしまったので、
そこからどこに行こうかと考え、行ったことないアイルランドに決めました。

目当ては北端(国的にはイギリス)のジャイアントコーズウェイ、
東海岸のモハーの断崖。

ジャイアント・コーズウェイの柱状節理はとても立派でした。
風が吹き荒んでちょー寒かったですが…。

s-P1090251.jpg

s-P1090258.jpg

s-P1090254.jpg

こちらがモハーの断崖。

s-P1090582.jpg

s-P1090568.jpg

他にも、『風と共に去りぬ』のにも出てくるタラの丘、
キャリックアリードという吊り橋、
ブッシュミルズというウイスキーの蒸留所やタイタニックのドック、
トリニティカレッジのオールドライブラリー。
ギネスストアハウスでは最上階のバーでギネスの試飲もしました。

タラの丘にまあまあ近い場所の「ケルトの十字架」。
聖書の内容が彫られているそう。

s-P1090103.jpg


吊り橋。
風がすごくて、思ったより揺れました。

s-P1090182.jpg


オールドライブラリー。

s-P1090386.jpg


ギネスストアハウス。

s-P1090429.jpg


そうそう、ラッキーだったのは、なぜか往路の
イスタンブール→ダブリンがビジネスクラスに私だけアップグレードされて、
初めてのビジネスを味わいつつ至福のひとときを過ごしたりもしました。
たった4時間半でもったいなかったです。
(隣に座ったのは同じくアップグレードされたらしき12歳のクエート人の女の子。
アイルランドにお父さんが住んでいて、1年間留学するそうです)

ビジネス、座席広いです。
「軽食」だったのにきちんと陶器やガラスの食器でサーブされ、
パンのお替わりも3回も来ました。

s-P1090018.jpg

さて、今回は、21人中、私も含めて7名が一人参加。
以前メキシコのツアーでご一緒したマダムが
同じツアーに参加していてびっくりでしたねー
(その方は、前回と違うご友人と2人参加)。

最後の成田でタイミングを逃して、仲良くなった方と
連絡先を交換しそびれたのが少し残念でした。

それから、
アイルランドの料理は意外とおいしかったです。
肉&ポテトの組み合わせが多くて最後は飽きましたが。
また、郵便事情がとってもよいのも意外でした。
木曜にダブリンの郵便局から出したハガキが、翌週月曜に実家に届きました。
スポンサーサイト
© hatakoのモノ・コト案内. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG