hatakoが、お勧めするモノ・コト・旅をご案内いたします
page top
生ライチ礼賛
フルーツ好きな私にはたまらない季節になりました。
いま、我が家あるフルーツは、さくらんぼ、桃、そしてライチ。

桃はさっき買ってまだ食べてないのですが、
仕事帰りにデパ地下で買いました。
山梨産のあきつきという品種です。

さくらんぼは郵便局の「ふるさと会」という頒布会で
送られて来るもの。
これも粒揃いでおいしい……けどあとちょっとで終わり。

それで、ライチ。
これも、今日の帰りにデパ地下で買いました。
(今日はお中元の承りの応援でお店に行ってたんですねー)

ライチは、日本で食べられるのって、冷凍して輸入してきたのを解凍した、
ショミショミのおいしくないのしかイメージがなかったのですが、
でも、これは「台湾産」だったんですよ。
もしかして冷蔵で空輸してる? と思って、手に取ってしげしげと見ていたら、
「それ、おいしいよー。この前買ったけど」
と、お客様。
流暢な日本語だったけど、おそらく中華系。

そうか、自分のところでも食べられるものをおいしいというなら間違いないかも!
と思って、買ってみました。
元値は高かったけど、タイムサービスだったし。
これぞホントのクチコミ……。

で、ですね。
ホントにおいしかったです。
実はシャミシャミではなく、プリプリでした。
台湾や、タイや、マレーシアで食べたのと同じ食感でした。

4つ食べてから、あっと思って撮ったのがこの写真。

s-P1050182.jpg

中身。

s-P1050183.jpg


調べてみると、昔は
「1日で変色し、2日で香気が失せ、3日目には味もなくなる」
と言われたほどに、ライチは鮮度低下の早い果実だそうです。

でもやっぱり生じゃないとこのおいしさはないんですよねー。
現地でキロ買いや枝買いをした時が懐かしい。

多少高くても、夏場は生ライチが出回っているみたいなので、
また時々売場をのぞいてみたいと思います。
スポンサーサイト
page top
石鹸彫刻
職場の先輩に誘われて、体験レッスンに行ってきました。
丸い石鹸をカービング用のナイフ1本でアート作品に仕上げるという。

いくつか見本があったのですが、
完全なる初心者用は単純だから……ということで、
本日が2回目の先輩と一緒に、こちらを目指すことにしました。
先生の作品…綺麗です。

2015062422500000.jpg


製作に入る前の石鹸を撮り忘れたのですが、
こんな感じで少しずつ彫り進めていきます。

2015062422480000.jpg


各段階で先生が彫り方を教えてくれて、手直しもしてくれます。

201506242249.jpg


2時間少しで完成~。
見本のようにピシっとは行きませんでしたが、
段数が多いので結構見映えがします。
見本より2段くらい多いです。

2015062422490000.jpg


体験レッスンは石鹸代込で2,000円でした。
通うには、1回3,000円+石鹸代250円、
さらに自前でナイフを買う(1,000円くらい)のが条件なようです。
楽しかったし他のデザインも作ってみたい気持ちはあるのですが、
場所が五反田だというのと、石鹸そんなにいらないしなあ……
というのが迷いどころです。
page top
NEW財布!
日曜日のライブは楽しかったですねー。
また行きたいです。
来年もあるかな。

さて、今日は、財布を買って帰りました。
5年半使ったヴィトンのダミエの財布が、だんだん残念な感じになってきまして……。
ステッチが擦り切れてなくなったり、折り目部分にひび割れが入ったり。
で、買い換えました。
(ちなみに前の財布を買った時の記事はこちら)
   ⇒ここ

今日買った財布はこちらですー。
アイアイズ(I Eye's)というブランドの、
UNDER WATERというシリーズのL字ファスナー長財布です。
人生初の長財布。
レザーにプリントされています。

s-P10501.jpg


箱のフタ。こんなロゴです。

s-P1050154.jpg


本当は二つ折がよかったのですが、このブランドの二つ折は
使いにくそうなデザインだったので、断念。

伊勢丹、ヒカリエ、渋谷パルコと見に行った後、
池袋パルコ店が一番品揃えいいと知って遠征し、
いろんなデザインを比較検討して決めました。

musicというシリーズもいいなと思ったのですが、
L字ファスナー長財布は店頭では在庫切れ。
ネットで買うにしても、プリントのデザインものって
柄の出方でイメージが全然違うんですよね。
なので、店頭で見比べられたこの財布にしました。
これも、在庫4点を比べて、一番気に入ったのにしました。

ひとつ残念なのは、このブランドのデザイナーさんが、
もう契約終了らしいということ。
販売は来春くらいまでで、池袋パルコ店も今年の夏に営業終了らしいです。
もうひとつくらい買っておこうかな……と本気で迷ってしまいましたが、
でも、また5年使えたとしたら、好みも変わるかもしれないし。
まずはこの財布を大事にしようと思います。
いつから使い始めようかな。
page top
B'z LIVE-GYM 2015 【EPIC NIGHT】



@味の素スタジアム。
いまから参戦します♪
page top
【地中海】2日目 バルセロナ半日観光
朝になって……いよいよ観光スタート。

この日は午前がみんなで観光、ランチ後フリーでした。

朝は、8:15に一旦ロビーに集まって、
添乗員さんに付いて徒歩で一番近くの地下鉄駅を確認に行き、
バスでは9時頃出発しました。

2012年4月にスペインに旅行した際もバルセロナから入ったのですが、
その時はグエル公園スタートだったんですね。
今回もそうだと思っていたら、なんとグエル公園には行きませんでした。
そして、モンジュイックの丘にも行きませんでした。

カサ・ミラ、カサ・バトリョをバス車窓から見学(前回と一緒)、
カタルーニャ音楽堂を徒歩で正面まで行って外観だけ見学(前回と一緒)、
そのあと、サグラダ・ファミリアの入場観光でした。

ちなみに、スペイン旅行の様子は右下のカテゴリーから行けます。

今回のサグラダ・ファミリアはこんな感じでしたー。

s-P1040173.jpg

前回より工事は確実に進んでいます。
(前回→ここをクリック
別場所で作れるパーツは郊外で作って、ここに持ってきているそうです。
2026年には完成とか。

まず、これ。
入口にこんなの付いていませんでした。

s-P1040185.jpg


そして、中に入ったらステンドグラスとその光が作り出す光景に感動……。
前回は、一部しかステンドグラスが入ってなかったんですよね。

s-P1040208.jpg

s-P1040206.jpg


できているところがベージュ、これから作るところが白。
前回より進んだ……かなあ?

s-P1040196.jpg


まだまだリアルに工事中。

s-P1040217.jpg

真ん中部分に目を凝らすと、作業員さんが張り付いていました。

P1040218.jpg


ランチはパエリア。

s-P1040226.jpg

このあとカタルーニャ広場に移動して、午後はフリーとなりました。
page top
【地中海】1日目 出発 to バルセロナ
さて、楽しかった地中海旅行。
旅行記を頑張って書こうと思います。
9日間と少々長め、挫折しないように頑張ります。

旅行中は毎日晴天。
もうそれだけでテンション上がるってもんです。

ざっくりと行程を記しておきます。

5/26 羽田 → フランクフルト → バルセロナ泊
 27 → バルセロナ観光(半日ツアー、ランチ後フリー)、バルセロナ泊
 28 → 〈フランス〉カルカッソンヌ → アヴィニョン泊
 29 → アヴィニョン観光 → ポン・デュ・ガール → アルル → ニース泊
 30 → エズ → モナコ → ニース(ランチ後フリー)、ニース泊
 31 → 〈イタリア〉チンクエテッレ → ラ・スペツィア泊
6/1 → フィレンツェ(ランチ後フリー)、フィレンツェ泊
  2 → フィレンツェからフランクフルト経由
  3 → 羽田

今回は、総勢37名。
多かったですねー。
8割が60代以上の団塊の世代、リタイアして悠々自適組でした。
娘がだいたい同い年……と可愛がってもらいました。
あと、今回は特に北海道&九州からの人が多かったですね。
それぞれ5組ずつくらいいたような。
私が申し込んだのは1ケ月前くらいでしたが、
お正月の「初夢フェア」の目玉商品だったようです。

さて、出発の日。
朝11:35に羽田空港のH.I.S.カウンターに集合ということで、
家を出たのは10時過ぎでした。
羽田だと近くていいです。
ルフトハンザ航空の14:05発LH717便で、まずフランクフルトへ。

待つ時間で、最後の和食。
これ、おいしかったです。

s-P1040145.jpg


羽田からの飛行機。

s-P1040147.jpg


フランクフルトまでの飛行機では、
「マエストロ!」「まほろ駅前狂騒曲」を観ました。
ルフトハンザ、ゲームはなかったのですが、映画が充実していました。

フランクフルトまでは約12時間。
約2時間で、入国審査→さくっと乗り継ぎ。
入国審査の係は日本語で挨拶してくれて、フレンドリーな感じでした。

LH1138便でバルセロナへ。

着いたのは夜。というか、もうかなり深夜。
ホテルに入ったらシャワー浴びてさっさと寝ました……。
page top
地中海旅行
5月26日から6月3日、地中海を旅行してきました。
バルセロナから入って、南仏、モナコを通り、イタリア・フィレンツェから帰国。
ずっと晴天で、景色はとても綺麗、同行者は年配の方がほとんどでしたが、
娘みたいに可愛いがってもらいました。

また徐々に旅行記も書こうと思っています。

ニースの海岸。

s-P1040745.jpg


イタリア、チンクエテッレ。

s-s-P1040856.jpg
© hatakoのモノ・コト案内. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG