FC2ブログ
hatakoが、お勧めするモノ・コト・旅をご案内いたします
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
【クロアチア・南イタリア】6日目 夜 フェリーでイタリアへ
ドブロヴニクでは、各自夕食後、ピレ門で再集合。
いよいよフェリーに乗って出国です。

旧市街の港ではなく、別の場所にある港から出港します。
思えば、船で国境を越えるって初めてかも。

船に乗る前にパスポートコントロールがあって、出国手続きをします。

これが乗った船。

P5274160.jpg

部屋は個室で思っていたよりぜーんぜん広かったです!
ていうか、一人には十分すぎる広さ。
船内で宿泊といえば2等雑魚寝か、2等2段ベッドでしか乗ったことのなかった身には、
余りある待遇です。
ただ、夜中エアコンが効き過ぎていて寒く、もう一方の布団も掛けて寝たので、
その意味ではベッド2つを1人で使ってもちょうどよかったです。

P5274171.jpg

船室内にはシャワー・トイレ付。(写真右側)
シャワーは熱過ぎたのですが、といって服着て出るのも面倒だったので、
洗面台の水をコップで汲んでうめながら浴びました。(なんとかなるものです)

そうそう、出港の時には当然甲板に出たのですが、
同じツアーの人たちで同じように出ていたのは4、5人だったんですよね。
疲れて早く休みたいって感じだったのでしょうか……。
船室の窓からも外は見えましたが、なんだかもったいないなと思ってしまいました。
私はこの船に乗ってクロアチア⇔イタリアを行き来したかったというのも、
このツアーを選んだ理由の2割くらいなので。

※『世界の絶景・秘境100』という本のP.213で紹介されていました。
  夏季限定の運航ということもあってか、各種ガイドブックでは
  小さい字で「あるよ」レベルの紹介しかされていません。

そんなわけで、7日目、クロアチア最終夜は船の上で迎えました。
朝起きたらイタリアです。

P5274185.jpg
スポンサーサイト
page top
【クロアチア・南イタリア】6日目 ドブロヴニク後半
ドブロヴニクの後半は、ロープウェーと城壁一周です!

N夫妻とKさんが付き合ってくださったので、とっても楽しめました。

まずは、スルジ山の頂上までロープウェーで登ります。

雨がパラパラしていましたが……。

P5264013.jpg

山頂に着いたらやみましたー。

P5264029.jpg

晴れましたーーー!!!

P5264048.jpg


こんな写真撮ったり、楽しみました。

IMG_0943.jpg

心行くまで景色を堪能して、再びロープウェーで下山。

いよいよ城壁一周へ!
城壁への入り口は3ヶ所。
ロープウェーの乗り場から一番近い(そして港にも近い)入口から入りました。
晴れたのでもう、悉く絶景です。


P5264070.jpg

P5264076.jpg


結構アップダウンもありました。

P5264084.jpg


ピレ門の上から。

P5264086.jpg


P5264098.jpg


P5264103.jpg

海に飛び込んでいる人たちもいましたー。(右下)

P5264118.jpg

途中、目の前でしぼりたてフレッシュオレンジジュースで休憩。

P5264128.jpg


P5274134.jpg

出口近く、手作り刺繍グッズを売るおばさんからコースターを購入。
食べ物以外のクロアチア土産、結局これだけしか買いませんでした。

IMG_0967.jpg

城壁、写真撮ったりジュース飲んだりゆっくり歩いたので、
全行程で2時間くらい。
とっても楽しかったです。

夕食付プランのN夫妻とは再集合までしばしお別れ、
Kさんと夕食をご一緒させていただきました。
エビ、ムール貝のグリル、イカのサラダ。
海に面したレストランだったのですが、
海を見ながら食べるのって、いろんな意味でご馳走ですよね~。
思った以上にたくさん出てきたので、食べきれなくて申し訳なかったです。

P5274152.jpg
page top
【クロアチア・南イタリア】6日目 ドブロヴニク前半
あきらめずに続けています、旅行記。
長旅だった上に充実していたので書くのが大変なのです(←言い訳)。

いよいよ6日目は、ドブロヴニクの観光。
昼食までは、時々自由行動がありつつもみんなで動き、
午後は夜の再集合まで自由行動でした。

旧市街の観光の前に、展望スポットまでバスで移動して、
旧市街全体を見下ろしました。
お天気がイマイチなのが少しでしたが……。
でも全体感がわかりました。

P5263876.jpg


旧市街の入口、ピレ門。

P5263890.jpg


端(ピレ門)から端(時計台)まで歩いても10分とかからないくらいでした。

P5263904.jpg


P5263933.jpg

石畳がつるつるです。

時計台の左の出口を出ると、港です。

P5263967.jpg

グラスボートが出ていましたが、岸壁からのぞくと海は透き通っていて、
魚やヒトデが見えました。
時間があればグラスボート行きたかったです。

教会とか、いくつか見学しました。

で、ランチです。

魚やイカのフライ。
海沿いだからシーフードがおいしいですね。
P5264002.jpg

© hatakoのモノ・コト案内. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。