hatakoが、お勧めするモノ・コト・旅をご案内いたします
page top
【クロアチア・南イタリア】3日目 プリトヴィツェ ひとり上湖群
ひとりで出かけた上湖群。
いやもう、綺麗でしたねー。
とにかくたくさんの滝。
入口の案内板でいうとピンクの線を、右から左へと登り、
左の端からホテルまではバスで降りました。

写真、たくさん撮りましたよー。

水中の見え方が上高地みたいです。

P5243264.jpg

滝がとにかくいっぱいでしたねー。
下湖群よりも数は圧倒的にたくさんありました。
ダイナミックさでは下湖群のほうが上だと思いますが。

P5243277.jpg


洪水一歩手前。
防水のトレッキングシューズ履いて行ってよかったです。

P5243299.jpg


上湖群の中でもおすすめスポットというプルシタヴツィ。

P5243308.jpg

水は綺麗だし、滝はいっぱいだし、人は少ないし。
楽しかったですねー。
ひとりでウキウキしながら歩いていました。

P5243315.jpg


滝。

P5243322.jpg

別の滝。

P5243328.jpg

これまた別の滝。大小さまざまに、とにかく滝がいっぱい。

P5243356.jpg


楽しすぎてゆっくり写真撮りながら歩いていたのですが、
時間がふと心配になり、カルロヴァツ湖を右回りではなく、
左回りでショートカットしようと思ったのですが、
なんと木道が沈んでました……。

仕方なく、順路通り、右回りで。
そこで、同じように急いで歩いていた韓国人の女の子(ダブリン留学中)と一緒になり、
そこからは最後まで彼女と一緒に歩きました。
なぜか名前はサニーちゃん。ニックネームかな?

カルロヴァツ湖の湖畔に見えるバティノヴァツ滝(たぶん)。

P5243365.jpg

無事、園内を走るバスにも乗れて、ホテルに戻ったのは、
集合時刻の7分前くらいでした。
サニーちゃんは、隣のホテルに泊まっているとのことで、
バス停でお別れしました。

楽しかったなあ。
スポンサーサイト
page top
【クロアチア・南イタリア】3日目 プリトヴィツェ 下湖群
ツアーでは下湖群を、現地のガイドさんと一緒に歩いたのですが、
まあとにかく期待以上に綺麗なところでした。

前のページの地図でいうと、黄色のルートを右から左に移動しました。

ほぼ曇っていたのですが、時々晴れ間がのぞくと暑かったので、
この日たくさん歩いたことを思えば、そんな天気でちょうどよかったかなと。

歩き始めてすぐに、こんな景色が見えてきたので、
ものすごいテンション上がりました!!
上に見えるのは公園内最大の滝、ヴェリキ滝です。

P5233174.jpg


私たちが行く直前、5月半ばに多量の雨が降ったということで、
かなり増水していました。
木道も一部は浸水。

こんなところを通って……。

P5233193.jpg

↑の右側はこんな景色。
もう、滝好きにはたまりません!!

P5233199.jpg

ヴェリキ滝の滝壺付近まで行きました。
落差78m。

P5233205.jpg


湖には魚もたくさんいました。
そして水の透明度もすごい!

P5233215.jpg

洞窟みたいなところも一か所ありました。

P5233230.jpg

湖や滝を見ながら計2時間ほど歩いて、最後は船でゲートへ。

P5233253.jpg

出口のすぐ近くにこの日のホテル「イエゼロ」はありました。
「イエゼロ」は、クロアチア語で「湖」です。

それでですね。
解散が3時半ころだったんですよ。
夕食のレストランに行くのに6時集合で、
それまでは「ゆっくりホテルでご休憩ください」とのこと。
でも、ひとりで部屋でゆっくりしてもねー。
それほど疲れてもないし、周りにお店とかはなんにもないし。

っていうか、公園半分しか見てないし、それだけ時間があれば……
ここは上湖群に行くしかない!!!
ひとりでも行く!!!
と、俄然やる気を出した私。

解散前に、ガイドさんに上湖群を周るルートを聞いておいて、
解散して荷物をホテルの部屋に置いた後、
ソッコーで公園に再入場しました!
page top
【クロアチア・南イタリア】3日目 プリトヴィツェ湖群国立公園へ
3日目は、朝8時半にホテルを出て、プリトヴィツェ湖群国立公園へ向かいました。
世界遺産です!
1979年と、かなり早い時期の登録ですね。
(世界遺産は最初の登録が1978年←12件だったそうなので、第2期の登録でしょうか)

公園に入る前に、近くのレストランでランチ。
P5233155.jpg

名物のマス料理。
おいしくいただきました。
P5233153.jpg

ランチの後は~。
やっと公園の中へ!!
これ、園内の地図です。(クリックすると拡大します)

P5233159.jpg


下の写真にルートを色付けしてみました。(クリックすると拡大します)
ツアーで歩いたのは右半分(下湖群)の黄色いルート。
この日宿泊したホテルが丸い円内。
左半分のピンクの線は、上湖群の見学ルートです。

公園内には、大小合16の湖と92ヶ所の滝があり、
16の湖の一番上(左)が一番高い位置にあって標高640m。
そこから階段状に、一番下(右)の湖まで滝が結んでいる…という地形です。

公園内地図
page top
【クロアチア・南イタリア】2日目 ザグレブの夜
ザグレブでのホテルは「ラグーナホテル」でした。
ここが今回の旅行で一番普通な感じでしたねー。
もちろん、ちゃんとしたホテルでしたけど。

ホテルでの夕食はスープ、肉料理、デザート。
同じテーブルの4人で、クロアチアのビール「オジュイスコ」と
クロアチア産の赤ワインをシェアしました。
P5233114.jpg

その後、8人でタクシー2台に分乗し、街へと繰り出しまして……。
(といっても、中心街まで2、3km程度)
夕方急ぎ足で観光した市の中心へ、再び。

大聖堂~。
P5233127.jpg

オープンカフェ&バーは若者たちでいっぱいです。
でも、クロアチアって25歳以下の若年層の失業率が45%くらいというので、
この人たちはどういう生活してるんだろうと気になりました。
P5233128.jpg

しばらくぶらぶらした後は、ケーブルカーを乗りに行きました。
高低差20m、片道30秒。
これ、昼間撮った写真ですが、ここから乗りました。
P5233094.jpg

もともと4クーナ(約80円)のつもりが、
期間限定・時間限定で「FREE」でした!! ラッキー♪
P5233133.jpg

P5233134.jpg

動き始める前に撮りましたが、ホント、一瞬で到着しました。
P5233135.jpg

この後は、イリツァ通りのカフェでジェラート食べて~、
帰りはトラムでホテルに戻りました。
ジェラート、安かったですね。
シングル160円。
でもなぜかダブルは単純に倍(笑)

イエラチッチ総督広場前のトラムの乗り場。
何番線が何分後に来るかわかります。
P5233145.jpg

これがザグレブのトラム(昼間撮影)。
P5233146.jpg


この夜のお散歩で、ザグレブ全然物足りない感は解消されましたー。
寝たのはもう日付変わることでしたけどね。
page top
6月の晴れた週末の鎌倉……
旅行記放置してすみません。
珍しく体調崩したりしてまして……。
現在は完全に復活しております。

さて、日曜日、鎌倉に行ってきたのですが、
すっごく混んでました!!

紫陽花目当てで行ったのですが、
出た時間が遅めだったのと、その混みっぷりに恐れをなして、
結局ブランチキッチンでランチして、
鎌倉古民家ミュージアム(以前は「古陶美術館」という名前だった)の
紫陽花を見ただけで終わってしまいました。

先週末は天気悪かったからその反動なのかなー。
何年か前にGWに行ったときくらい混んでたような気がします。

できれば長谷寺や明月院にも行きたかったんですけどね……。
また、すいてるときに。


古民家ミュージアムの中。
古陶×紫陽花 や紫陽花モチーフの手工芸品などの展示。
P6154731.jpg

P6154734.jpg

ミュージアムの外側。
珍しい紫陽花が色々あるんですよね。
ただ、珍しい品種はもう時季がそろそろ終わり……という感じでした。

P6154739.jpg

P6154763.jpg
page top
【クロアチア・南イタリア】2日目 ザグレブ観光
クロアチアではまずザグレブに向かいました。

ポストイナを後にしたころから、明らかに添乗員さんの行動が不審。
急がないとザグレブの聖母被昇天大聖堂が閉まってしまうということのようです。
ザグレブの市街に入ってからも、渋滞していてなかなか大聖堂に行き着かず……。

結局、大聖堂のかなり手前でバスを降り、徒歩(早歩き)5分くらい歩きました。
焦るあまり客を置いて先を急ぐ添乗員……。
自分だけでも入っておけば大丈夫! と思ったらしいです。
結果的には、無事入れました。

P5233038.jpg

P5232999.jpg


教会内に刻まれているこの文字、古代グラゴール文字というそうです。
キリル文字の原型になったのだとか。

P5233004.jpg


見学を終えた後は、青果市場(時間的にやってなかったけど)を通り、
カフェが立ち並ぶ通りや石の門を通り、聖マルコ教会を通り、
イエラチッチ総督広場へ。


青果市場。
P5233039.jpg

坂道にも所狭しと並ぶカフェ。
P5233048.jpg

なんだか可愛かったお店。
P5233051.jpg


聖マルコ教会はセラミックで作られた美しい屋根が特徴。
左の紋章はクロアチア、ダルマチア地方、スラヴォニア地方を表し、
右の紋章はザグレブ市を表すそうです。
P5233079.jpg

ザグレブ市街を一望し……。
P5233094.jpg

イエラチッチ総督広場。
この広場に面した両替所で両替しました。
15,000円→801クーナになりました。
P5233103.jpg

ザグレブ観光は以上……。
ホント、あっという間でした。
完全に物足りない感を残して、ホテルに入りました。
page top
【クロアチア・南イタリア】2日目 ポストイナ鍾乳洞
2日目は6時半モーニングコールで、朝食後、8時半出発。

朝の準備にそんなに時間がいらない私には、時間が有り余ったので、
ホテルのまわりを散策しました。

運河みたいになっており……(ここ振り返るとすぐに海です)。
P5222909.jpg

市庁舎も、道を挟んで海です。
P5222894.jpg

P5222891.jpg

朝は静かでしたねー。

そしてバスでポストイナ鍾乳洞に向かったのですが、
トリエステ市内でバスが迷ったんですよ!!
ツアーのバスなのに信じられない……。

↓この写真(トリエステ市街&トリエステ湾)を撮った頃は気づいてなくて
 みんなで景色見てわいわいしていたのですが、
 その後再びホテルの近くを通って気づいたのでした……。
P5222922.jpg

ポストイナ鍾乳洞へは10時の回で入る予定が、
バスが迷ったために11時の回に……。
その後すべての予定が1時間ずれて、結構大変でした。

ちなみに、ポストイナはスロベニアなので、国境を越えました。
ここは簡単でしたね。
スロベニアは「シェンゲン協定」という、国境を自由に行き来できる
協定に加盟しているのでさらっと越えられたようです。
(現在、ヨーロッパ26ヶ国が加盟していますが、
今回の旅行先ではクロアチアとボスニア・ヘルツェコビナが未加盟でした)

ここが鍾乳洞の入口。
左手の、洞窟の入口に見えるところが出口で、写真の中央、建物から入ります。
トロッコに乗って、鍾乳洞へと進みます。

P522298.jpg

トロッコはこんな感じ……。
スピードもあってかなり楽しいです! TDRみたいです。
P5222942.jpg

この鍾乳洞は、全長27kmで、ガイド付きツアーでは、
まず2kmほどをトロッコで進み、その後歩いて内部を見学します。
ガイド付きといっても日本語は音声ガイドでしたが、色々説明してくれました。

はっきり言って、ポストイナなんて地名すら聞いたことないしと
あまり期待してなかったのですが、ここは楽しかったですね。
クロアチアとか、イタリアでもトリエステまで行くことがあれば
行った方がいい場所だと思います。
近くのシュコツィヤン鍾乳洞は世界遺産とのことで、
こちらもいつか機会があれば行ってみたいです。

一応写真撮影NGだったので、写真は載せられませんが……。
大きな鍾乳石・石筍はもとより、細い鍾乳石が垂れ下がる「スパゲッティ」や、
カーテンみたいにヒラヒラしている「カーテン」など、
珍しい形のものもたくさんありました。

見学後に隣のレストランでランチして、ポストイナを後にしました。
ランチは、パスタ入りのスープ、メイン(写真)、リンゴの入ったケーキ。
P5222977.jpg

スロベニアは北側の国境をオーストリアと接しているので、
バスの車窓からアルプスが見えました。
P5222987.jpg

そして再び国境。今度はクロアチアに入りました。
全員バスから降りて、パスポートはドライバーさんが全員分まとめて手続き。
クロアチアは昨年EUに加盟したのですが、前述の通り「シェンゲン協定」は未加盟です。
車で国境を越えたので、初めて、車マークのスタンプ(ヨーロッパver.)をもらいました。

P6094722.jpg
page top
【クロアチア・南イタリア】1日目 トリエステへ
旅日記スタートします!
頑張ります。

出発は、5月21日(水)。
10連休めいっぱい使った10日間のツアーに参加。
ツアー客16名を引率する、40代くらいの男性添乗員Kさん、
さらに、立ち位置がよくわからなかったのですが、
日本在住の、日本人の現地手配会社の人(30代の女性Fさん)が1人同行しました。
このFさんは、普通に記念写真撮ってもらったりお土産買っていたので
あまり仕事っぽくなくて羨ましかったですね(笑)

一人参加は私含めて2名で、もう一人はアラ還の男性Kさん。
ほかは皆2人参加でした。
●50~60代夫婦 4組
●50代母&20代娘 1組
●30代ハネムーン 1組
●60代女友達 1組

5,60代夫婦のNさんと、一人参加のKさんとは特に仲良くさせていただきました。

さて、出発の日。
朝10:25に成田空港の日本旅行カウンターに集合ということで、
家を出たのは8時頃でした。
京成特急でのんびりと空港へ。
回転寿司で腹ごしらえをして、
アリタリア航空のAZ789便で、ヴェネツィアへ向かいます。
最近認可された直行便の路線とかで、直行便なのに所要時間が15時間。
ロシアの上じゃなくて、シルクロードの上を飛ぶ珍しい航路でした。

P52125.jpg

機内では「英国王のスピーチ」と「少年H」を観ました。
あとはテトリスと、成田のTSUTAYAで買った『10パズル! ひらめき編』をやりました。
機内食はまあまあでしたね。(復路は質素すぎて悲惨でしたが)
往路は、1食目のデザートとして供されたこのアイスがおいしかったです。

P5212866.jpg


ヴェネツィアへは、現地時間20時過ぎ着。
予定より少し早かったですね。
そこからトリエステ「NHホテル」に向かって、ホテル着は23時頃でした。
街の中心のいい場所にあるホテルで、寝るだけなんてもったいない気がしました。
© hatakoのモノ・コト案内. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG