hatakoが、お勧めするモノ・コト・旅をご案内いたします
page top
ハワイアン♪
友達とモアナキッチンカフェに行ってきました。

新宿高島屋に先日オープンしたハワイアンカフェです。

ロコモコ&ポキのプレートをシェアして、
パンケーキはひとり1皿オーダー。
最後にコナコーヒーも。

これが、私がオーダーしたマンゴー&キウイのパンケーキ。
クリームもマンゴー味でした。
おいしかったのですが、クリームはこんなに食べられず、
半分ほど残してしまいました(→友達が食べてくれました)

2013112817270000.jpg


友達のオーダーは、マカダミアナッツ&ココナッツのパンケーキ。
マカダミアナッツのほのかな塩味が効いていました。

2013112817340000.jpg


パンケーキの前に、食事としていただいたテリヤキ味のロコモコ&ポキのプレート。
食事メニューはいろいろ選べる形式でした。
味も期待以上においしかったです。

20131128173.jpg

2人で5800円だったので、かなりの豪華ランチとなりましたが、
まあ、たまにはということで……。
おいしかったので満足です。
クリームいっぱいだったので、体重増加が心配です。


今夜は何も食べられないほどおなかいっぱい、という感じなのですが、
今から、ごはんもおいしいバルに飲みに行くんです。
頑張っておなかすかせないと……。
ダイエットは明日から、ですね。
スポンサーサイト
page top
20年後の私へ







白骨温泉に行ってきました。
いいお湯だった~。

雪はちらちら舞っていましたが、氷点下にはなりませんでした。


さて、表題の件ですが、
20年前に、わが町(いまは吸収されてなくなってしまいました)が
町制20周年記念事業をいろいろやったのの一環で、
20年後の自分にハガキを出すことになったんですよ(←完全に記憶なし)。
で、突然実家に届いたのが写真のハガキです。

「20年後の私へ

  20年前の私は、骨折中です。

  20年後の私、何をしてますか。

  この葉書をみて、20年前を
       思い出してみて下さい。

   1993年 12月 13日 Mon 」


やらされた感満載のどうでもいい内容です…。
当時私は中1。剣道の大会で足の指を骨折していたのでした。
それにしても、ねえ?
愛想の欠片もない文面(^^;

今ならなんて書くかなあ。
page top
水中インスタントカメラ→CD-R
沖縄で撮った水中インスタントカメラを、
現像&CD-Rに焼いてもらってきました。

フィルムをCD-Rにするって初めてだったのですが、
こんな感じに仕上がりました。

船の上&海の中だから多少のぶれは仕方ありませんね。
(このサイズになればあまりわからないし)

ビックカメラで、現像500円、CD-Rに焼くのは525円⇒計1,025円でした。


@石垣島沖 母と私。

FH00001 (2)


クマノミとイソギンチャク

FH00001 (1)
page top
シヴェルニーの食卓、フランス考
原田マハの小説。
正直なところ『カフーを待ちわびて』は面白いと思えなかったのですが、
『楽園のカンヴァス』『旅屋おかえり』は面白かったと思い、
『シヴェルニーの食卓』を読んでみました。

これがねー。
おもしろかったんですよ!
マティス、ドガ、セザンヌ、モネを主人公にした
史実に基づいたフィクション4編。

電車の中で読んでいたらうるうる来てしまいました。
そして、フランスに行きたくなってしまいました。

パリの美術館めぐりはもとより、
画家が絵の題材を求めて旅した場所に行ってみたいと思ったんですね。
それはきっとのんびりとした贅沢な気持ちの旅になる気がします。
最近はあっちもこっちも行きたい! というせかせかした旅が多いので、
余計にそう思うのかもしれません。


余談ですが、今まで1度以上行ったことのある外国の都市で、
ここなら長いこと暮らせそうと思ったのは、
パリとニューヨークです。

旅をしたい場所と暮らしたい場所って必ずしも一致しないんですけど、
この2つは特別でした。
page top
step by step
海外に行くと、どこに行っても思うのが、
あーもうちょっと英語わかればなあ ということ。
そこそこの会話ならできるものの、とっさの一言が出てこなかったり、
途中から日本語で押し通したり。
難しいこと言われたらわからないし。

帰国後に、旅行中のテンションのまま、語学がんばろうとするんだけど、
なかなか続かないんですよねー。飽きっぽいんですよね……。


とまあこんな思いがぐるぐると毎度繰り返されるですが、
今年の春ごろに、NHKラジオの語学シリーズが、
ネットでストリーミングができるようになっていたと知って、
ちょっと手を付けてみることにしました。
翌週に、前週1週間分を聞ける仕組みです。
(その1週間にさぼると消えてしまいます)

ストリーミングのおかげで、好きな時間に聞けるということになったんですよね。
夏に中断してしまいましたが、のべ4ヶ月目となっております。


最初の3か月→「ラジオ英会話」&「攻略! 英語リスニング」
いま→「ラジオ英会話」&「英会話タイムトライアル」

「英会話タイムトライアル」は、先月本屋でテキストを見て、
「攻略! 英語リスニング」から乗り換えたのですが、
これがとってもいい感じです。
なにがいいかというと、

1.短い。→1回の受講時間がなんと10分。
2.瞬発力が試される。→会話はキャッチボールですから。

「攻略! 英語リスニング」は、2回分(15分×2)でひとつの話と長く、
内容がつまらないと聞く気も半減……って感じでした。
乗り換えてよかったです。

「ラジオ英会話」は、懐かし、高3のときに何か月かラジオで聞いてたんですよね。
当時は「英会話入門」というタイトルでしたが、講師の先生はいまも当時と変わりません。
簡単な内容なのに、知らない言い回しや単語が出てきたり
(難しくないけど知らない語……結局覚えられなかったりするのですが)、
リピート練習なんかが楽しいです。


毎日っていうことはなかなかできなくて、
だいたいどちらの講座もまとめて聞く羽目に陥っていますが、
両方のテキスト買っても1ヶ月840円なので、飽きるまで続けたいと思います。

次の海外旅行のために!
page top
イーハトーボの劇列車
もう先週の話となってしまいましたが、
紀伊國屋サザンシアターで上演中の
「イーハトーボの劇列車」を観てきました。
なんと今日(11/17 Sun)まで! みたいです。

PB175511.jpg

井上ひさし原作の、宮沢賢治へのオマージュのような作品でした。
宮沢賢治が上京するときの様子と、彼の童話や詩を融合させて、
不思議な場が作り出されていました。

井上ひさし原作では、以前「ムサシ」を観に行きましたが、
あちらはかなりコメディ要素が強くて、藤原竜也の演技が格別で、
今回とはまた別のおもしろさがありました。

2009年に観劇……そんなに前だっけ?→ 感想はここ

宮沢賢治の作品は、高校・大学の時に結構真剣に読んだのですが(一部作品のみ)、
『銀河鉄道の夜』『グスコーブドリの伝記』『なめとこ山の熊』の
要素はこの演劇の中に色濃く反映されていました。
そもそも「劇列車」からして『銀河鉄道の夜』の鉄道を想起させます。

宮沢賢治が、裕福な家に生まれながらも農民になりたがった、
でもなりきれなかった、というのは有名な話ですが、
それ以外にも、父との確執や、法華経への熱情、
世の中への期待と諦めなど、見ごたえのあるシーンがたくさんありました。

主演の井上芳雄さん、実は全然知らない役者さんだったのですが、
彼の演技はなかなかでした。
賢治の朴訥な感じがよく出ていたと思います。

紀伊國屋サザンシアターは初めて中に入ったのですが、
小さくていい劇場でしたね。
大きいとステージが遠いので……。

次は何を観に行こうかな。
page top
30周年TDL
街のあちこちがクリスマスムードになってきましたね。

おととい、ご近所友達Aちゃんと、TDLに行ってきました。

開園の30分前から並び、
平日だった&ファストパスを駆使したおかげで、
17のアトラクション、3種類のパレード(クリスマス、30周年、
エレクトリカル)、花火を楽しんできました。

いままでなんとなく行ってなかったカヌーとモンスターズインク、
初めて行きましたがおもしろかったです。

同じく初めてのシューティングギャラリーは10発中9発命中しました。
私って射撃の才能あるかもと一瞬思いました。
(さらに「Lucky Draw」で保安官バッヂもらいましたが、
カヌー辺りでなくしてしまいました・涙)

PC085514.jpg


逆に、キャプテンEOはびっくりするくらいつまらなかったです。
↑つまらなかったと思ったのはこれだけです。

全体的に言うと、ディズニーはいつ行っても楽しいですね。
今のところ年に1回くらい行ってますが、
飽きさせないのが素晴らしいと思います。


30周年のパレード。

PB135489.jpg


ミッキーワッフル!

PB135493.jpg


夜は特にきれーでした。

PB135504.jpg


PB135506.jpg

PB135509.jpg


© hatakoのモノ・コト案内. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG