hatakoが、お勧めするモノ・コト・旅をご案内いたします
page top
ステキな金縛り・12人の優しい日本人
昨日、早稲田松竹に映画を観に行ってきました。

『ステキな金縛り』
『12人の優しい日本人』の2本立て。

三谷幸喜特集だったみたいです。

『ステキな金縛り』は公開されたときから気になっていたのですが、
結局観ないままだったんですよね。
実際のところ、評判よかっただけあって期待以上に面白かったです。
幽霊が「見える人と見えない人がいる」、
最後見えなくなってしまうのは、
うまくいって、幽霊が見える人の条件から外れたからなのでしょう。
まだ観ていない人、エンドロールで流れる写真にも注目です。

『12人の優しい日本人』は、21年前の映画。
12人の陪審員が一室に閉じこもって有罪か無罪か延々と議論をする話。
こちらはやや退屈でした……。
家でDVDだったら途中でやめてたかも。

この2本立ては昨日まで、
今日からはツレうつとアントキノイノチを上映しているようです。
スポンサーサイト
page top
ガラスの動物園
久しぶりの演劇鑑賞。

火曜日、シアターコクーンで上演中の「ガラスの動物園」を観に行ってきました。

作:テネシー・ウィリアムズ
演出:長塚圭史
出演者:立石涼子、深津絵里、瑛太、鈴木浩介
企画・製作:シス・カンパニー

お目当ては深津絵里です。
2006年7月に「あわれ彼女は娼婦」という演劇を
これまたシアターコクーンに観に行ったのですが、
結構印象に残っているんですよね。
それで、久々に彼女の舞台を見たいなあと。

今回の「ガラスの動物園」は瑛太が主人公でした。
最初の独白シーンから噛んでましたけど……。

以下、シス・カンパニーのHPより。

【ストーリー】
大恐慌の嵐が吹き荒れた1930年代のセントルイス。
その路地裏のアパートにつましく暮らす3人家族がいた。

母アマンダ(立石凉子)は、過去の華やかりし思い出に生き、
子供たちの将来にも現実離れした期待を抱いている。
姉ローラ(深津絵里)は極度に内気で、ガラス細工の動物たちと
父が残した擦り切れたレコードが心の拠り所だ。
父親不在の生活を支える文学青年の息子トム(瑛太)は、
そんな母親と姉への愛憎と、やりきれない現実への閉塞感の狭間で、
いずれ外の世界に飛び出すことを夢見ている。

ある日、母の言いつけで、トムが会社の同僚ジム(鈴木浩介)を
ローラに会わせるために夕食に招待する。
この別世界からの訪問者によって、惨めだった家族にも、
つかの間の華やぎがもたらされたかのようだったが……。



ジムが来るよ~というところまでが一幕、
ジムの来訪からが二幕。
ストーリーはわりと単純でしたが、親子関係の愛憎みたいなのがよく描かれていましたね。
よかれと思ってやっているのに、ずれていて空回りな母アマンダ、
母を煙たがり反発する息子トム、
母を心配させたくないと思いつつ、そこからの行動が裏目に出ている姉ローラ。

変な全身タイツ着ているダンサーが意味不明でしたが、
(↑「運命」を可視化するダンサーたち とパンフには書かれています)
全体的にはまあ満足な内容でした。

次は、そろそろ蜷川さんの何かを観たいと思っています。
page top
誕生日には花を贈ろう、2年目
ハッピーバースデートゥーミー♪
ということで、昨日31歳になりました。

お祝いメッセージ等々、くださった方々ありがとうございます。

年相応にしっかりと、でも見た目は実年齢より若く……ということで、
また一年頑張りたいと思っています。

さて、そんなわけで、今年も「フジテレビフラワーネット」を利用して、
親に花束を贈りました。

20120325130047_12Y0002851_1_2_L.jpg


去年と同じ店へ去年と同じ「ピンクの花束」という指定で注文したので、
だいたい去年と同じ感じですが、今年の方が全体のバランスがよくてオシャレ。
そして薔薇をたくさん使って豪華に仕上げていただき大満足☆
親にも喜んでもらいました。

ちなみに去年はこんな感じ→昨年の記事

今年も手作りメッセージカードを付けて届けてもらったのですが、
その写真(カリブ海をバックに微笑む私 in メキシコ)も好評でした。

2年連続でやってしまうと翌年やめるというわけにはなかなかいかなくなりますが、
まあ喜んでもらえるし、しばらくは続けようかなと思っています。
page top
LA TABLE de Joel Robuchon
春分の日、ご近所友達Aちゃんと、恵比寿まで豪華ランチしに行ってきました!

行った先が、タイトルの LA TABLE de Joel Robuchon 

恵比寿ガーデンプレイスの奥に佇む瀟洒な洋館。
その1階がこちらのレストランです。
2階よりはカジュアル……とはいえ、敷居の高いフレンチな雰囲気を醸し出しています。

「日頃頑張っている自分たちへのご褒美ランチ」
というのが今回の企画の趣旨だったのですが、
行こうと考えたのが10月、休日のランチ予約があまりに取れなくて、
この予約を取ったのが2月初め、そして休みを取り、無事行くことができたのでした。

この日オーダーしたのは、
5,250円(+サービス料10%)のコース。
これ
前菜、スープ、メイン、デザートは選べました。

まずは2人ともグラスシャンパンをオーダー♪
(メニュー見ずに勧められるままに頼んでしまいました……お値段はこの記事の最後に)

そして、2時間かけて堪能した絶品料理たち。
(カメラ持たずに行ったので、写真はデザートだけです)


●アミューズ・ブーシュ
  ……グラスにグレープフルーツなど3層のジュレが入ったもの

●鴨肉のパテ フォアグラと共に重ね、ポルト酒のジュレでコーティング
 根セロリのピュレに春の葉野菜を添えて

  ……見た目はケーキみたい。パテやフォアグラって苦手なこともあるのですが、
    これは美味しかった! 根セロリは、百合根みたいな感じでした。
  
●サラダ菜の温かいスープ カプチーノ仕立て、ほぐしたズワイガニと一緒に
  ……サラダ菜のポタージュにカニが入っていました。

このあたりで水(1Lのミネラルウォーター)をオーダー。当然別料金。

●仔羊背肉のロティ エピスの香るクレピネット包み焼きを添えて
  仔羊、久しぶりに食べた! 骨付き肉と、ケバブみたいなのと2種類の仔羊料理。

●クレーム・ダンジュ 苺のソルベとレモンのクリームを添えて
  ……クレーム・ダンジュ!! 上に載った可愛いメレンゲとベストマッチ。
    苺をカットして飴でコーティングした(?)のがいいアクセントでした。

201203201400000.jpg

●カプチーノ


料理はとてもおいしく、スタッフの対応も行き届いていました。
年嵩のスタッフは、堅苦しい雰囲気にならないように頑張ってくれてる感じでした。


さて気になるシャンパン&水のお値段は……、
グラスシャンパン1杯:1,900円(+消費税&サービス料10%)
水1L:1,100円(+消費税&サービス料10%)
でした!

おいしかったので、またいつか行きたいと思います。
ドリンクオーダーでそれなりの値段となることを覚悟して……。
page top
ゴリゴリ退治
今日、朝起きたら、左肩が上がらないくらいに痛い!! という状態でした。
そろそろと起き、そろそろと食べ、出かける準備をし、出勤。

仕事中も、首から肩が鉄板のように硬くて、
これは久々にマッサージでも行かないダメかと思っていたら、
昼に「Hot Pepper Beauty」から2,000ポイントプレゼントのメールが舞い込みました。

「Hot Pepper Beauty」は全く使ったことないのですが、
じゃらんをよく利用するからポイントがプレゼントされたようです。

ランチしながら新宿のサロンを検索して、
ルミネの「リフレッシュボディガーデン」をネットで予約。
15分1,575円の一番手軽なコースを試してみるつもりで行きました。

いっやー、気持ちよかった。
首も肩もゴリゴリに凝っていました。

マッサージしてくれたなかなかイケメンのお兄さんに、
「凝ってますか?」
と念のため聞いてみたところ、
「いや~、凝ってますね~。溜まっちゃったんでしょうね~」
と、言われてしまいました。

たった15分でしたが、至福のひととき@ゴリゴリ退治 でした。
肩甲骨を意識して腕を回したりすると凝り予防にいいようです。

ちなみに、ポイント利用したので(100ポイント単位で使用可)、
自分で払ったのは75円のみ。
まだ500ポイント残っていて、その分は月末まで使えるので、
またゴリゴリになってしまったら行きたいと思います。
page top
スペイン行きます!
決めました。

今度こそ、行きます!

スペイン!!

今回もまたツアーひとり参加ですが……。
旅での出会いを期待して♪

11日間休みをもらって、
帰省2日間、中1日は休息&準備、そしてスペイン8日間。
帰国翌日から出勤の予定です。

とりあえず行く前にメキシコフォトブックを作りたいと思います。
page top
一年
一年前の今日起こった地震、交通マヒ、津波。

しばらくの間の「買い占め」「計画停電」「自粛ムード」。

日本はどうなっちゃうんだろうと不安だったあの日々。

いまなお続く原発問題。

(特に被災地の人たちはなおさら)
一年経ったからといって「一区切り」とできるものでもないけれど、
でもあの日からは少しずつ変わってきているし、前進していると思いたい。
今日はそんな日。


そういえばここには書いていませんでしたが、
一か月ほど前、那須から会津街道を通って会津若松に行く機会がありました。
那須にはスキー客と思われる県外ナンバー(首都圏)車がたくさんいたけれど、
会津若松市内では、見る車ほとんどすべてが会津か福島のナンバーでした。

そのときは滞在時間が限られていたので、
ちょっとお茶して、ちょっと買い物したくらいでしたが、
「東京から観光客が来ている」ということで
少しでも会津の人の心にプラス影響を与えられたならいいな~と思ったのでした。
page top
次の連休
今年1度目の連休は、4月中旬に取ることになりました。
5月下旬の予定が、いろいろあって変更に。
……あと1ヶ月しかない!!

季節的に沖縄が微妙なので、
今回は海外に行こうかと思っています。

久しぶりにヨーロッパにでも行こうかな~。
4月だとオフシーズンらしく、ツアーもそんなに高くないんですよね。
といっても、8日間で一人参加で20万円くらいにはなりますが。
今度こそスペインに行くか……。
中欧にもちょっと惹かれていますが、寒いかな。

タイミングよければ、2日間で実家に帰って花見&8日間で海外とか。

メキシコの余韻醒めやらぬままですが、
貴重な年2度の連休なので、頑張って検討したいと思います。
page top
こんな資格
取ってみました。

P3093074.jpg

仕事の役には立ちませんが、
人生には役立つかと思いまして……。

合格率が7割以上と非常に高かったので
受かった感動はさほどなかったのですが、
学科と実技のうち、実技が満点だったというのは嬉しかったです。
(得点率60%以上で合格)

P30930.jpg
page top
【メキシコ】旅の費用
さて、恒例旅の費用です。

<旅行代金>
基本旅行代金    249,000円
一人部屋追加代金  28,000円
日本国内空港使用料  2,540円
現地税 5,270円
トゥルム遺跡オプショナルツアー 10,000円
⇒旅行代金計  294,810円

<保険>
海外保険料 4,460円

<その他>
現地で使ったお金(ドリンク、お土産、CoCo BONGO)約20,000円
成田まで交通費・食費など 約3,000円


というわけで、計32万円くらい今回のメキシコ旅行にかけたようです。
1年に一度の贅沢です♪
page top
【メキシコ】6~8日目 帰国へ
オプショナルツアーから戻ってからも部屋を使えるようにしてくれていたので、
1階のカフェでチョコレートマフィンとカプチーノをテイクアウト。

PC022779.jpg

PC022782.jpg

部屋にてスピードランチ⇒スピードシャワーののち、
ホテルを後にしました。

日本へはながーい道のりでした。
カンクン⇒メキシコシティ→ティファナ(給油のため、しかも乗りっぱなし)→成田。
カンクン発から成田着まで24時間くらいかかった……。

カンクンの空港にはこんな可愛いクリスマスツリーがありました。

PC022783.jpg

ティファナというのは、アメリカとの国境に近い街なのですが、
ここに寄ったのが「給油」という理由。
成田→メキシコシティは、成田の滑走路が長いので燃料満タンで飛び立てるけど、
メキシコシティ→成田は、メキシコシティの滑走路が短いので満タンでは飛べないのだそうです。

直行便なのに時間かかるは外には出られないはで(しかも約3時間)、
かなり疲れました~。
往路じゃなくてホントよかった。

ともあれ、無事に成田に着くころには8日目となっており、
「おうちに着くまでが遠足です」を合言葉に帰宅したのでした。

あー楽しかった。
page top
【メキシコ】6日目 トゥルム
朝食後のオプショナルツアーは、4名の参加。
カンクンから約130km南の海沿いにあるトゥルムに行ってきました。
13~15世紀、マヤ末期の遺跡らしいです。

途中、マングローブが見えたりして、なんだか不思議な気分。

2時間近くかけて着いたのは、びっくりするくらい綺麗な場所でした。

遺跡の入口からはこんな乗り物に乗りました。

PC022676.jpg

左:フレスコ画の神殿、右:エルカスティージョ。
これらの奥に海の神殿や風の神殿があります。

PC022740.jpg

フレスコ画の神殿には、仮面や神の降臨のレリーフが。

フレスコ


海の神殿。

海の神殿


風の神殿&イグアナ。

風の神殿

この遺跡とのコントラストが素敵すぎて絶句、そののち絶叫。


遺跡から浜に降りました。

PC022765.jpg

出入口は三角屋根。

PC022769.jpg


この遺跡、もう、海が綺麗すぎて、相当テンション上がりました!!
カンクンに行くなら足を延ばしてほしい場所ですね。

これにて、今回の旅行のすべての観光は終了です。
page top
【メキシコ】6日目 カンクンの朝
いよいよ最終日。
カンクンで宿泊したのはハイアット・リージェンシー。
ここもまた素敵なホテルでした。

窓からの景色。海も見えましたよ~。

PC012664.jpg

内部は吹き抜けになっていて、上から見下ろすとこんな感じ。

PC012668.jpg



飛行機の時間まで自由行動ということでしたが、
カリブ海に臨むマヤ遺跡、トゥルム遺跡に行くオプショナルツアーに参加してきました。

まずは腹ごしらえ……ということで、朝食。
海が見えるテラス席でいただきました。

PC012670.jpg


起きてから朝食まで30分、
食べ始めてから出発まで30分とかなり忙しかったですが、
しっかり食べましたよ。

いい天気。
なのに暑くない。
遺跡見学日和です。
page top
【メキシコ】5日目 ランチ・ディナー・ココボンゴ
突然ですが、写真を取り込んだので、メキシコ旅行記再開です。

これまでのメキシコ旅行を振り返るには、
カテゴリ「2011冬 メキシコの旅」をご参照くださいませ。

さて、チチェン・イツァを後にして向かったのは、
敷地内にセノーテのあるレストラン。
泳いでいる人たちもいました~。

セノーテ


ビュッフェの昼食で、「Montejo」というビールを一緒に飲んでみました。
ユカタン半島の地ビールとのことですが、
わりと飲みやすかったです。

montejo.jpg

そして、バスでカンクンへ。

途中メルカド28という市場とウォルマートに寄り道しました。

カンクンに着いたのは夜。

ディナーはマリアッチを聞きながらのファヒータ。
ということでしたが、美味しくて楽しいいいお店でした!

PC012622.jpg

今度は「Bohemia」を飲んでみました。

PC012630.jpg

ファヒータ!

PC012634.jpg

席まで来て演奏してくれました。

PC012638.jpg


この日はここで終わらず、ホテルに着いて一息入れた後、
カンクンナイトを楽しむべく、CoCo BONGOというディスコへ。
「ディスコ」って日本では絶滅してますよね?
『地球の歩き方』ではクラブという表現となっていましたが、
現地ガイドさんはディスコと言っていました。

映画やPVの映像にパフォーマンスを組み合わせた
なかなか面白いスポットでした。
一人では行けないので、誘ってくれたMさん&Kさんにはホント感謝です。
© hatakoのモノ・コト案内. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG