hatakoが、お勧めするモノ・コト・旅をご案内いたします
page top
Camui
今日はお休みでしたー。
9時過ぎまでは惰眠を貪るはずが、6時台に目が覚め、結局そのまま起床。

一昨日のお休みは若干体調回復を図るべく(たぶん風邪だった)家にいましたが、
その分今日はいろいろ出かけました。
お供の本は、久しぶりに引っ張り出した『恋する歌音』。

まずは北参道のクリニックへ。
年に一度の婦人科検診。
検診項目4つしかないのに、ひとつひとつで待たされて2時間もかかった……。
去年も時間かかったのですが、検診センターではなく、
といって病院ぽくもないのが気に入って、今年でここ利用するのは3回目。
婦人科検診受けるの自体は5回目ですね。
会社がタダで受けさせてくれるので、一応行ってます。
 ※昔は対象年齢30歳以上っていっていたのが、
  5年くらい前から年齢制限なくなったんですよね。

もちろん何事もないのが一番いいのですが、
何かあっても早期発見・早期治療ということになりますしね☆
結果は郵送とのことです~。


さて、その後、新宿へ。
小田急に入っている「Camui」でお仕事用パンプス買いました。
「Camui」は「卑弥呼」の姉妹ブランド(?)なのですが、
フィット感がよくてホントに歩きやすい。
他でもいろいろ見たものの、やっぱりここのには敵わない気がすると思って、
久しぶりに小田急の靴売場に行ったのでした。

ちなみに、ジェルが入った中敷き「ウォーターマッサージジェル」が
Camuiの靴の特徴なのですが、
私はこの中敷きを外して矯正中敷きを入れるので、
この恩恵には預かれません……。

ともあれ、ヒールの高さと甲幅と、フィット感最高、
しかもストラップ付き(付いてないと履けない…)のパンプスに出会え、
即決してきたのでした~。
デザイン的にはここまでシンプルじゃなくてもよかったんですけどね(笑)

PA274719.jpg

Camuiの平均単価 21,000円のところを
16,800円と、予算より安く収まったのもラッキーでした♪
スポンサーサイト
page top
旧友
「十年ひと昔」と言いますが。

ならば10年以上の付き合いとなれば旧友か?
ということでこんなタイトルです。


今夜は旧友と飲んできましたー。

美味しいものを食べて飲んでしながら、
十年来ほんのちょびーっと残っていたわだかまりも解けて、
楽しい飲みとなりました!

いやいや、楽しかった。
ホント。
それだけの日記です。
page top
記念すべき? 20回目
あと1ヶ月経つと、今年2度目の連休です。

メキシコに行こうかなーと思っています。

今まで何回海外行ったかなと思って書き出してみたら、
次の旅行で16回目の海外旅行になるようです。

これに、大学時代の地質学のフィールドトリップ
(アメリカ西部で学ぶ地球の歴史……4単位ゲット♪)、
IFI時代の研修(上海、欧州、NY)を入れたら
計20回目の海外渡航となることがわかりました。

行けば行くほど、まだまだ世界は広いなって感じます。

No Travel,No Life.

PA244716.jpg
page top
バンジー・温泉・星の王子さま
先週末、友人たちのバンジージャンプを見物に行ってきました。
私も10年ぶりのバンジー! と思っていたのですが、
医者に止められたため断念。

でも、見物でも十分楽しめました♪

行った先は、群馬県みなかみ町の諏訪峡。
跳んだのは5名です。
↓ 撮っている場面の差は、ご本人のカメラで撮影していたか否かの違い。
  ご本人のカメラで跳んだ瞬間を撮りました。

トップバッター。
10年ぶり2度目のK氏。
PA154683.jpg

この台に立ってから3分強跳べなかったKちゃん。
PA154689.jpg

Kちゃん、跳んでいる間も絶叫⇒救出された姿。
PA154693.jpg

初めてながらもさくっと跳んだG(本名はK)氏。
PA154699.jpg

発起人、タイでもバンジーしちゃうくらいの「達人」Cちゃん。
PA154703.jpg

初めてだけどすんなり跳んじゃったD氏。
PA154708.jpg

いやー、見ていて楽しかったです。
次は跳びたい。

その後は、道の駅で買い物して、蕎麦屋で蕎麦食べて、
温泉入って帰途に着きました。

帰り道、寄居パーキングエリア。
ここ、いつの間にかPA全体が「星の王子さま」の世界になったんですね~。
物語を辿れるようにパネルが並べられていたり、
ショップがあったり、壁に絵が描かれていたりしました。
建物もディズニーランドみたいな可愛さでした。

この中にあるレストランで夕食にしたのですが、
こんなに可愛いのにちゃんと美味しくて、
しかもビュッフェで1,700円弱と意外とリーズナブルでした。
PA154713.jpg

楽しい秋のプチ旅となりました!
page top
秋の帰省
今更ながらの日記ですが、
体育の日3連休明けに、1泊2日で実家にプチ帰省してきました。

松本市美術館で開催されていたジブリレイアウト展を見て、
美術館に併設されているレストランでランチをし、
ちょっと実家に寄って、乗鞍高原へ。
乗鞍岳の山頂に近い方まで行くと、カラマツが黄金色に色づいていました!

その後はその日のお宿、白骨温泉へ。

PA114668.jpg

この道沿いでもほのかに紅葉(というか黄葉)が始まっておりました~。

温泉は、白骨温泉では最近ここしか泊まっていない「白船荘 新宅旅館」。
JTB経由で予約したからか、
部屋をアップグレードしていただいていました☆
のんびり温泉、おいしい食事、最高ですね~。


翌日は、上高地へ。

PA124670.jpg


大正池
 ↓徒歩
帝国ホテル:優雅なティータイム
 ↓徒歩
河童橋:五千尺ホテルでブイヤベースランチ

今回は若干足を痛めていたので、明神池までは行きませんでしたが、
涼しい(というか寒いくらい)澄んだ空気の中のお散歩は
とても気持ちよく楽しいものでした。
page top
3日目 琴引浜と嵐山
3日目。晴れ。

P9251710.jpg

朝から温泉。
そしてゴーカな朝食!

わーい☆

だったのですが、
この日の行動計画がまったく決まってなかったんですよね~。
琴引浜に行きたいけれど、これまた交通の便が悪くて。
昼間は1本逃すと次が3時間後とか……。
結局、宿の人にお願いして、琴引浜まで車で乗せて行ってもらい、
帰りはバスで駅まで行くというプランになりました。

鳴き砂と言えば琴引浜♪
ということで、来ましたよ~。

荷物をどうしたものかと悩みましたが、
駐車場の係のオジサンたちが快く預かってくれました☆

足で砂を擦ると本当に「キュッキュッ」て音が鳴りました!!
ちょっと雲が出てきて暗~い写真になってしまいましたが、
本人楽しんでます!!

P9251730.jpg

ここからすぐの場所に「太鼓浜」というところもあり、
そこは敲くと太鼓のような音がしました。
ふつう砂だと「ペシペシ」ですが、「ボンボン」って鳴りました。

思った以上に楽しい場所だったので、
バスの時間ギリギリに!
慌てるものの荷物もあるので、バス停まで時計見つつ急ぎ足!!
なんとかバスにも間に合い、網野駅へ。
電車&バスで時間的に行けそうな場所は丹後半島にはもうなかったので、
そのまま京都に向かいました。

3時間ほどかけて京都へ。

嵯峨嵐山駅で途中下車です。

まずランチ代わりのおやつ。
「嵐山さくら餅 稲」という店にて、
青竹に入った「黒本蕨餅パフェ」。

P9251744.jpg


超絶品でした!
わらび餅はもちろんのこと、黒豆アイスと豆乳アイスがまた絶妙。
が、単品でお土産として売っていたわらび餅は、
ちょっぴりなのに1,000円也。
おいしかったけど……高級品です。
このパフェは900円でした。

そして、渡月橋。

P9251750.jpg

それから野宮神社~竹林の中をぶらぶらと。

神社仏閣はもう拝観終了の時間だったので、
ほんとにぶらぶらしただけでしたが、
それまた楽し、です。

帰りは18時半ころの新幹線で帰京しました。


若い女2人で天橋立&温泉って渋すぎない? とも思いましたが、
期待していた以上に楽しい旅となりました!!
page top
2日目後半 夕日ヶ浦
丹後半島の旅は、交通網との戦いでした。

バスで半島ぐるっと回ってみようかとも考えたのですが、
一番先の「経ヶ崎」からの接続が一日に4本くらいしかないということで、
宿の人にも時刻表見せられながら止められたので、
2日目は伊根へ往復→天橋立でのんびり→早めにこの日の宿泊地、夕日ヶ浦へ
ということにしたのでした。

でも、天橋立からの各停が1~2時間に1本で、
ここもプランニング(というか時間つぶし)に苦労しました。
電車は一両編成でした!


さてさて、この夕日ヶ浦、丹後半島の西側の付け根に位置します。
木津温泉駅からわりとすぐの場所。
今夜のお宿「静 花扇」の方がお迎えに来てくれました。

宿に着いたのは16時ころ。
ぶらっと近くを散策に……。

で、ジェラートです!!

P9241628.jpg

ミルフィーユと宇治抹茶♪
今夜は豪華な夕食が待っているので、小さめダブルにしました。
小さめ。でもダブル。
女心をわかってますよね~。
おいしかった~☆
「Royal Merry」という可愛いジェラート屋さんでした。
紙ナプキンも乳牛柄で可愛い♪

P9241631.jpg

さて、散策の目的を果たしたので、宿に戻りました。


この日のお宿は、夕日ヶ浦に面しているので、
海まで徒歩3秒!(というのが宿のキャッチフレーズでした)

↓この写真の真ん中&左側の建物が宿です。
P9241643.jpg

グラウンドとかでやったよね~、これ。
と言いながら砂浜で「目」。
あとは波で戯れて~。

で、夕暮れ!!

P9241680.jpg


きれ~!!
でしたが、誤算だったのは、水平線に沈まなかったこと……。
方角的に、海に沈むのはどうやら9月上旬くらいまでみたいです。
車だったら水平線に沈む場所までちゃちゃっと行って見られたかなあ。
どちらにしても夕日ヶ浦では見られませんが。
綺麗だったんだけど、それがちょっと残念でした。

その後は、ゴーカな夕食!
美味しいものが次から次へと出てくるので食べるの大変でしたー。
お造り数種、さざえの壺焼き、松茸土瓶蒸し、
黒毛和牛のすき焼き&しゃぶしゃぶ、しんじょ、
鍋物、栗の釜めし、地魚の天麩羅、デザート4種 他数品。

そして満腹になったあとは温泉!
もちろん露天風呂も!!

こうして2日目も楽しく終わりました。
page top
2日目前半 伊根へ
2日目は、朝食前の温泉、そしてゴーカな朝食バイキングから始まりました~。

この日の観光メニュー1つめは、遊覧船での伊根の舟屋めぐり。

バスで小一時間、丹後半島の東側を海沿い行ったところに
「伊根」という集落があります。
そこの家が舟屋と呼ばれる構造になっていて、
要は家からそのまま舟に乗って海に出られるということなのですが、
これが面白そうだったのでぜひ行こう♪ と計画していたのでした。

バスは1~2時間に1本くらいでしたが、ガラガラでした……。
ま、普通は車で行くんでしょうね。
遊覧船は15分に1本出ていました。

遊覧船の上からカモメに餌をあげられるということで、
餌として売られていたえびせんを買って播く人多数。

なので、写真はこんな感じになりました。

P9241548.jpg

P9241558.jpg

楽しかったー。
舟屋も、いまも生活の場としてちゃんと使われている様子がわかりました。

P9241583.jpg



そこから、天橋立に戻り、海に面したカフェで絶品チキンカツサンドのランチ。

P9241601.jpg

その後、ラッキーなことに、廻旋橋が回って船が通るところも見られました。

P9241614.jpg


page top
1日目 天橋立へ
1日目は、7時半過ぎに品川発ののぞみで、京都へ。
京都から特急はしだて3号に乗り換え、約2時間で天橋立に到着。

天橋立行きの特急が一日5本しかなくて、乗り換え考えるのが大変でしたー。

着いたのは昼過ぎ。

着いた途端にまさかの雨!!

幸い、その日の宿が天橋立駅からすぐの場所だったため、
まずは荷物を置きに行き、
ホテルのレストランでランチしながら雨上がりを待ちました。

ランチが終わるころはすっかり雨も上がり……。
いざ、天橋立へ!

まずは、文殊堂に立ち寄り、
そして、松並木を端から端まで4km弱、歩きましたよ~。
起点の方は賑わっていましたが、松並木の全行程を歩こうという人は少なめでした。

P9231461.jpg


松並木を渡り切った後は、リフトに乗って笠松公園へ。
天橋立を一望♪

P9231488.jpg


リフトはこんな感じ。
一人乗りで、なんだかおもちゃっぽくてカラフルで、可愛かったです。

P9231505.jpg


山を下りた後は、真名井神社&籠(この)神社へ。
籠神社は伊勢神宮の祖に当たり、真名井神社は籠神社の奥宮に当たるとか。
というわけで、真名井神社が一番すごいらしく、
るるぶにも「パワースポット」として載っていたのですが、
奥にありすぎるのか、閑散としていました。
延べ3組くらいしかおらず……。

P9231533.jpg


何を祈ったか忘れましたが、何かしら祈って終了。
帰りは船で戻りました。

夕食は付けなかったので、バスで宮津の港の方に出て、
SCみたいなところのレストラン街で食べました。
天橋立の周辺って、食事処がみんな18時くらいで終わっちゃうんですよね。
帰りはタクシーで宿に戻りました。

そして、天橋立を眺めながら温泉♪ に入って一日目は終わりました。
page top
丹後半島に行ってきました
先月のことになりますが、
友達と丹後半島に行ってきましたー。

ようやくブログもりもり更新するテンションになってきたので、
今更ながら書こうかと思います。

まず、なんで丹後半島に行こうと思ったかというと……。

①天橋立って日本三景だけど行ったことない
 
②天橋立~丹後半島は京都府だけど、
 京都市には何十回と行っていても行ったことないのはなぜだろう
 
③日本海側はひとりで行くのはさみしいから、
 連れとなる人とタイミング合うときに行きたい
 
④そういえば映画にもなった瀬尾まいこ『天国はまだ遠く』の舞台!!
 どんな場所か気になる!!


ということで、2泊3日で行ってきたのでしたー。
page top
エンディングノート
映画の話です。

昨日の朝、出勤前に見ていた「とくダネ!」で特集していました。
おおーと思って、無性に見たくなり
ソッコーでPC開いて新宿ピカデリーのオンラインチケットを買って、
今日の仕事の後観てきました。

閉店後もお買い物を続けているお客様が複数名…。
いや、こんな足下の悪い日に本当にありがたいことなんですが。
これはひょっとして21時の開映時間に間に合わないんじゃないかと、
若干焦ってしまいました。
結局猛スピードで着替えて行ったら間に合いました♪


さて、この映画ですが、
癌(しかもステージⅣ)を宣告された67歳の男性が主人公。
宣告されてから葬儀までの半年のドキュメンタリーです。
娘が監督で、主人公のナレーションも彼女が入れています。

感想を端的に言うと、「いっやー、よかった」。
安っぽいお涙ちょうだい話ではないところがポイント高いです。
公式サイトには、
「感動のエンターテイメント・ドキュメンタリー」とありますが、
本当にそうだなと思いました。

どんどんと死が迫ってくるのが目に見えることは悲しい。
だけど、準備ができるという意味では、
残して旅立つ側にとっても、送る側にとっても、
ありがたいことなのかもと思いました。

ともあれ、泣けるのはラスト10分くらいに来たときです。
全体通してみれば笑った時の方が断然多いし、
オススメ度高いです。

「エンディングノート」公式サイト
   ↓
ここをクリック
page top
かぼちゃのタルト



ラ・メゾン・アンソレイユ・ターブル@新宿ルミネにて。

昨夜、仕事帰りに買い物に寄ってくれた友達と夕飯食べに行きました。

久しぶりのこのお店。
迷いましたが、季節限定の「九重栗かぼちゃとプリンのタルト」にしました。

去年もやはりこの季節に食べたのですが、
かぼちゃプリンが載ったところがマイナーチェンジです。

味覚の秋、ですねえ。
page top
曼珠沙華@巾着田
曼珠沙華を見に行ってきました。

西武線ユーザーならご存知の通り、
この時期になると
「巾着田の曼珠沙華」のポスターが駅に貼られます。

いつも、ちょっと気になりつつも、
最寄駅が「西武秩父線の高麗駅」なので随分と遠い気がして、
しかも 曼珠沙華=彼岸花 なので、
なんとなーくいいイメージがなくて、
行ったことがなかったのです。


で、今日初めて行ってみました~。

ポスターからはもっと山の中のような印象を受けていたのですが、
「巾着田公園」というかなり整備された市の公園でした。
高麗駅から向かう人、人、人……。
帰りのホームも人、人、人……。
いやいや、想像以上の人気スポットでした。
家族連れと中高年が多く、若者はほとんどいませんでしたが。

でも、ちょうど見頃でよかったですよー。

PA024658.jpg

PA024648.jpg


開花が遅れているらしく、
曼珠沙華まつりは10/10(月)まで延長されたそうです。
まだまだ楽しめそうなので、気になった方はぜひ♪
あ、この時期は入場料200円かかりますー。
© hatakoのモノ・コト案内. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG