hatakoが、お勧めするモノ・コト・旅をご案内いたします
page top
Story Seller
久しぶりに、おいしい本に出会いました。

現代の流行作家7人の短編集、
『Story Seller』です。

7人の作家というのは、
伊坂幸太郎、近藤史恵、有川浩、佐藤友哉、
本多孝好、道尾秀介、米澤穂信

伊坂さんと本多さん以外は初めて読みましたが、
どれもかなり面白かったです。
税込860円。
暇つぶしにも、上記作家さんの入門にもおすすめです。


以下、ひとこと、本の順番に。


伊坂幸太郎『首折り男の周辺』は、なんだか不思議な人違い物語。

近藤史恵『プロトンの中の孤独』は、ロードレーサーをめぐる青春小説。
   続きがあってもなくてもよいストーリー仕立て。
 
有川浩『ストーリー・セラー』は、せつない!! ラブストーリー。
   読み返したくなる話。

米澤穂信『玉野五十鈴の誉れ』は、お祖母さんと使用人の玉野が怖い。
   あまり現代っぽくはないかな。

佐藤友哉『333のテッペン』は、東京タワー舞台の軽いミステリー。
   途中は結構おもしろく、終わり方がいまひとつ。

道尾秀介『光の箱』は、不思議!!な話。クリスマスソングが準主役。
   この本ではこれが一番好き。

本多孝好『ここじゃない場所』は、ファンタジーっぽいんだけどそうじゃない話。
   終わり方がやや微妙か。
スポンサーサイト
page top
カムイ外伝
急に寒くなりましたね。

昨日は、以前に予告編を見て気になっていた
「カムイ外伝」を観に行きました。

公開から1ヶ月経っていたので迷ったのですが、
アクション系のものは大きな画面のほうがいいかなと思い、
出かけたのでした。

漫画が原作、ということ以外、
あらすじとか全く事前情報なしで行ったのですが、
総合評価としては 55点/100点満点 くらいでしょうか。

松山ケンイチは悪くなかったですね。

ストーリーは、おもしろくないことはないんだけど、
腑に落ちないことが多すぎて……。

伊藤英明が最後、自分の仲間まで(今更)裏切ったのはなぜかとか、
「え、そこで終わり?」というようなエンディングとか。
きっとこの手の映画は深く考えてはいけないんでしょうね。


次に気になる映画としては、来月公開の「クリスマスキャロル」。
ディズニー映画のようですが、
あまりディズニーっぽい雰囲気がない感じで、
大人が見てもおもしろそうでした。
page top
不毛地帯
ドラマ、始まりましたね。

先日、やっと本を読み終わりました。
ドラマが始まるとあってか、図書館で借りるにも予約待ちで、
他の本の合間合間に読んでいたのですが。

平均600ページの新潮文庫×5冊。

いやー、濃かったです。
どうやら実在の人物がモデルのようですね。

主人公     壹岐正   → 瀬島龍三
そのライバル 鮫島辰三 → 海部八郎

いずれ、現実はどうだったのかも調べてみたいなって思いました。

感想は、以下の2つ。


1.時代、社会経済について

高度経済成長期の日本、
それは、繊維→重工業に
経済の中心がシフトしていった時代でもあります。

主人公は、自身が勤める近畿商事で、
事業の中心を、
脱繊維→航空・自動車・石油
とシフトさせ、そのことで会社は飛躍的な成長を遂げます。

主人公の立場からすると、それは当然なのですが、
いま、アパレルに関わっている自分からすると、
なんだかね。
うーん、なんと言っていいのか言葉にしづらいのですが……。

衣料品が売れないこの時代、
30年も昔に書かれたこの本が、
いまさら妙な現実感を伴ってやってきた という感じです。



2.人間模様について

これねー、主人公壹岐を演じる唐沢さんも言ってましたけど、
多分にヒューマンドラマの要素があるんですよね。
ドラマでも、本でも、そこの注目してもらいたいですね。

家族(妻-佳子、娘-直子、息子-誠)との関係とか、
ライバル社・東京商事の鮫島との因縁、
秋津中将の娘・千里との関係。

ネタバレするとドラマ観る予定の人の楽しみを奪うので、
やめておきます。

千里との関係については、
「それってあり?」みたいな終わり方でしたね。
それに理解を示せる千里も千里です。


というわけで、不毛地帯、読むか観るかしてみてください。
結構おもしろかったです。
page top
山小屋と蓬峠
土曜の夜発で、サークル仲間総勢5名で、
新潟にあるサークル所有の山小屋に行ってきました。

大学のころはほとんど電車で(しかも上野から鈍行)行っていましたが、
今回は車で。
高速使ったらあっという間に着きました。

卒業後初、6年10ヶ月ぶりに行ったのですが、
懐かしかったですね~。

夜はもう寒くて、薪ストーブを焚きました。
曇り空の晴れ間から、時々見える星空がまたすばらしくて。


翌日は、蓬峠へ。
往復6時間くらいの山歩きをしてきました。
急峻ではないので、結構気軽に登れました。

が、峠のヒュッテでお昼を食べている間に天候が変わって、
下りはずっと雨。
大変でしたが、でも、全体的にとっても楽しかったです。

紅葉にもちょうどよかったですね。

カメラの電池の充電が足りなくて、
写真を3枚しか撮れなかったのですが……。

峠の手前からは森林限界に入るので、
景色も素晴らしいのですよ♪

あと、時間がなくなってしまって温泉に行けなかったので、
次回は温泉込みで、また近いうちに行きたいと思います。


PA182691.jpg

PA182692.jpg

page top
山小屋へ
今日は会社同期の結婚式。
お台場あたりにあるゲストハウスに行ってきます。


そして、夜出発で、新潟へ行く予定。

目的地は大学時代のサークル所有の山小屋です。

大学4年間で20回以上行っていたのに、
働き始めてからは1度も機会がなく、
今回、約7年ぶりに行けることになったのでした。

ほら、職業柄、特に売場にいると、土日で休めないんですよね。

天気がよければ、明日山にも行きたいところなのですが、
どうなんでしょう……。

ともあれ、
久しぶりの、サークル友とのプチ旅、
山小屋でのまったり時間、
たぶん紅葉が始まっている新潟の山々、
そして温泉を、
堪能してきたいと思います。
page top
お酒の代わりに……
今日は、久しぶりに料理らしい料理をしました。

家にある調味料をよく確かめずに買い物して、
さあ作ろうと家に帰ったら、
お酒がない。

煮込むのに、70mlの日本酒が欲しかったのですが、
料理酒はおろか、日本酒もない。

あっちこっち探してもなくて、
代わりに白ワインで行こうかと思ったのですが、
赤ワインか、にごりの白ワイン、にごりの日本酒、
芋焼酎、梅酒、リキュールしか、アルコールがない。

前回全部使っちゃったんだっけ??
というのも記憶になく……。

早い時間だったので、また買いに出てもよかったのですが、
それも面倒で、使っちゃいました。

泡波のミニチュアボトル。

なんかね、去年大量に買って人にあげたりした残りが4、5本あったんですよ。
泡波って味があっさりしているから、薄めれば日本酒に似るかなあと。

結果は期待通り。
おいしくできました。

まだ何本か残っているし、また来年行って買えばいいし、
ま、いいですよね??
page top
終わりに。
総括、というか、感想ですが、
とにかく楽しかったです!

一緒に行ってくれた2人に感謝!

2人からの写真ももらったら、
フォトブックを作ろうかと考えています。


そうそう、ハワイ、特別なことをしようとしない限り、
日本語で大丈夫でした。
英語に不安がある方にもお勧めな旅先かと思います。
 だからハネムーナーに人気なのかな!?


次はハワイ島かマウイ島にも行って、別のハワイを見てみたです。


See you soon , Hawaii !!

PA082447_01.jpg


Thank you , my friends !!!

PA082382_01.jpg
page top
ハワイの可愛いもの
あー、可愛いなーと思ってカメラを向けたものたちです。


ハレイワの街で。

PA082401_01.jpg


ハワイのナンバープレート、基本編。
虹、ALOHA~♪

PA072261_01.jpg


同、応用編。
HONUが追加されています。

どちらも、現在使われている車の写真を撮らせていただきました。

PA082411_01.jpg
page top
ハワイの食べ物<スイーツ編>
ハワイ、意外なことに、外やバスの車内での飲食が禁止されていました。

なので、買い食いするにも、食べ歩きはできず、
建物の中が基本。

ノースショアで食べた「シェイブアイス」と、
ワイキキに戻ってから食べたフローズンヨーグルト、もりもりフルーツトッピング
を載せておきます。


シェイブアイス(アオキさんちの)、ライチ×マンゴー×グアバのシロップ
これで2ドル。

PA082404_01.jpg

フレーバーは、こんなにたくさんから選べます。

PA082406_01.jpg



フローズンヨーグルト

自分で盛る形式の量り売り。これで4.6ドル。

PA082454_01.jpg
page top
ハワイの食べ物<ホテルでお酒編>
シェラトン 1階「ファイヤー・ラム

PA072262_01.jpg

PA072288_01.jpg


マグロ~。

PA072286_01.jpg


味付けされた枝豆。これはこれでおいしかったです。

PA072276_01.jpg


アウトリガー 1階「ショア・バード」

カクテルにはパイナップル、というのが基本のようです。

PA082466_01.jpg

マヒマヒという白身魚。

PA082468_01.jpg

ポークスペアリブ。

PA082469_01.jpg
page top
ハワイの食べ物<B級グルメ編>
日記の中で書いた食べ物たち。
B級グルメ編・ホテルでお酒編・スイーツ編 にわたってお送りいたします。


1.BLUE WATER SHRIMP & SEAFOOD Co.
  ガーリックシュリンプ 約13ドル。

  エビがぷりっぷり!! ホントにおいしかったです。

PA062144_01.jpg


2.ヤミー・コリアンBBQ
  BBQプレート2種(お惣菜4種ずつ選べる)とロコモコ それぞれ約10ドル。

  とにかく大量だった……。
  ロコモコのハンバーグは、「肉っ!!」って感じ。
  こちらではおーいお茶(nonsweeded)も高級品。2.89ドルでした。

PA062171_01.jpg

PA062169_01.jpg


3.Teddy's Bigger Burguer

今月初め、渋谷に上陸したようです。
ポテトとドリンクセットで約8ドル。おいしかったですよ。
でも、ポテトは食べきれず……。

PA072208_01.jpg


4. アヒ・ポキ

ノースショアのツアーで食べたものたちは、
写真撮りそびれました。
唯一撮ったのがこちら。
アヒ・ポキの、お店のショーケースです。
ガイドさんからは「普段は行かないお店だからみんなには内緒」と言われましたが(笑)
しょうゆで味付けしているのが一番おいしかったかな。

PA082328_01.jpg


5.I HOP

  ・バナナ&苺のパンケーキ (左奥)
    4枚重ねのバナナ入りパンケーキ これで約12ドル
  ・ビーフオムレツ(右奥)
    デフォルトでプレーンパンケーキ3枚付き(手前) 約15ドル

  2品オーダーして、3人でシェアしました。それでも十分多かったですが……。
  味はとってもおいしかったです!!

PA092501_01.jpg
page top
恒例、費用概算
ハワイ旅行、
トピック別と項目別写真とを記事にしようと思うのですが、
その前に、恒例の費用概算をしておきます。


★基本料金(3泊5日、航空券+ホテル+空港使用税):57,440円
       ↑トロリー乗り放題チケット付き

★オプショナルツアー(パラセイリング、体験ダイビング、ノースショア):14,000円

★飲食費(朝3 昼4 夕3)・自他へのお土産、チップ等、
  現地でかかった費用:約320ドル

★成田~家の往復:2,320円


以上、諸々合わせても10万円強くらいでした。
現地でかかった費用はちょっと記憶があいまいな部分もあるのですが、
持って行った分から、手元に残った分を引くとたぶんこのくらいです。

それにしても、十分に遊んでこの値段とは、海外に行ったとは思えませんね。
国内より安いくらいです。


そんなこんなで、楽しかった連休も終わり、明日から仕事です。
頑張ります。
page top
4日目 ― ブルーラインにて
あっという間の最終日!!

集合時間の13:10まで、めいっぱい楽しみますよ!!

ということで、
ワイキキトロリー・ブルーラインでに乗って、
ハナウマ湾、ハロナ潮吹き穴、マカプウビーチまで行くことにしました。

このトロリー、想像以上に使えました!
ハナウマ湾では、シュノーケリングに下りることはできないものの、
15分の下車観光時間があり、
ハロナ潮吹き穴でも5分間、下りて見学できました。


ハナウマ湾。
観光客が来すぎて、いまは保護区にし、立ち入り規制をしているそうです。
火曜日はゲートが閉まっていました。

PA092477.jpg


ハロナ潮吹き穴。
間欠泉のように噴き出していました。

PA092486.jpg


マカプウ・ビーチ。
ダイビングしたところがこの辺り。

PA092495.jpg


トロリーはこんなのでした。
サイドが開いているため、物を落とすと危険。
乗客のおじさんは帽子を飛ばされそうになり(ギリギリ車内で止まりました)、
私はデジカメを床に落としてしまって、冷や汗ものでした。

PA092482.jpg

PA092497.jpg


そんなこんなでトロリーでの観光は終了。

最終日の、最後のランチは「I HOP」にて、パンケーキとオムレツ。
2人分頼んでシェアしたのですが、
それでもフードファイト並の量でした。
おいしかったけど、苦しかったです。
みんな頑張りました。

そんな最後の午餐を経て、ホテルに戻り、空港に向かいました。

これが、空港から見たワイキキ、最後の一枚。

PA092509.jpg


16時半、成田に発ちました。
成田までは8時間。
着いたときには9日になっていました。

あっという間だったけど、充実した、楽しい旅行でした。
page top
3日目夜 ― 最後の晩餐
3泊5日ということは、あっという間に最後の夜なんですよね。

ノースショアの盛り沢山ツアーの後で疲れてはいましたが、
この晩もまた、海沿いのホテルのバーへと向かいました。

アウトリガー・リーフ・オン・ザ・ビーチの1階。
ここも前夜のシェラトン同様、海が目の前です。

PA082467.jpg

お酒と、ちょっと何かつまめるものを……と思ったのですが、
バーベキューメニューしかなくて、
マヒマヒ(白身魚)とポークリブのグリル、サラダバーを頼んで、
最後までよく食べた一日となりました。
page top
3日目 ― ノースショア
3日目は、ノースショアに行くツアーに参加しました。
B級グルメとビーチ、サンセットと盛りだくさんの内容でした。

朝は、3人でワイキキビーチをぶらぶら散歩して、
ついでにまた買い物して、ホテルに戻って、
11時半にバンが迎えに来てくれました。

参加客10名+ドライバー兼ガイドさん、犬のシャチちゃんの
11名と1匹でバンで移動です。

ビーチに行くまでに立ち寄った店は以下の通り。
名前は忘れちゃいましたが……。
全部1人前ずつ買って、3人でシェアしました。

●アヒ(鮪)・ポキの店
●シュリンプ (ガーリックではなくてレモンペッパー炒め)
●ロコモコ
●エビのパスタ

車内で食べつつ、ビーチへ。
ノースショアは、波乗りたちのメッカと呼ばれているそうです。
言われるだけあって、すごい波。

PA082351.jpg

いくつか見て回ったあと、各々好きなビーチで1時間半のフリータイム。
私たちはシャークス・コーブというビーチでシュノーケリングしました。
シュノーケリングセットはバンの中に積んであって貸してくれました。
前日のダイビングよりもたくさんの魚が見られました☆

PA082356.jpg


泳いだ後は、全員でウミガメのいるビーチへ。
日本で、泳いでいるにウミガメに会ったことは何度かありますが、
砂浜にいる姿を生で見るのは初めてでした。

PA082364.jpg


ハレイワの街へ。

PA082375.jpg

ショッピングタイムの前に、オアフ島の西の端、カエナ岬へ。
ツアーの行程外だったのですが、連れて行ってくれました。
途中、高級住宅街。
ポロの練習する人たちを初めて見ました。

PA082397.jpg


ハレイワに戻って、1時間のショッピングタイム。
おやつも食べました。

●キャロットケーキ
   コーヒー店でコーヒー豆を買うのに並んでいるとき、
   地元のおじさんがおいしいからって勧めてくれた。
   シナモンが効いていてクルミ入りで、おいしかったです!!

●シェイブアイス……お祭りのフラッペみたいなかき氷
   「マツモト」という店が有名ですが、ガイドさんお勧めはその近くの「アオキ」
   グアバ・ライチ・マンゴーの3種類のシロップをかけました

そして、みんなで見たサンセット。
ここの砂浜にもウミガメがいました。

PA082423.jpg


ワイキキに戻ってきて、さらにフローズンヨーグルトの店に寄って、
ツアーは終了しました。

盛り沢山な内容で58ドルと、お得なツアーでした。
ガイドさんは、解説はかなり右に寄っている感じでしたが、
それはそれとして面白い人でした。
ハワイの歴史とか、ガイドブックには載っていない高速の乗り方について教えてくれました。
page top
2日目夜 ― ワイキキのサンセット
ダイヤモンドヘッドからの帰り道、ワイキキビーチに寄り道。
ホテルが立ち並び、すれ違う人の7割くらいが日本人という異常地帯です。

そのまま歩きながら、シェラトン1階の「ラム・ファイヤー」というバーを目指しました。
海に面したオープンテラスのバーです。

マンゴーやライチを使ったトロピカルカクテルをいただきつつ、
夕暮れを待ちます。
テーブルのすぐ後ろがこんな↓感じ。

夕日に輝くダイヤモンドヘッド。

PA072267.jpg


水平線に沈む太陽。

PA072280.jpg


篝火が焚かれました。

PA072299.jpg


夜。

PA072306.jpg


この日(日本時間)はAちゃんの誕生日でした。
お店の人にお願いしてデザートにろうそくを立ててもらって、お祝いをしました。

そうそう、ここは、日本人宿泊客がいっぱいいるにも関わらず、
日本人or日系スタッフがいない、珍しく日本語が通じないバーでした。
page top
2日目後半 ― ダイヤモンドヘッド登山
ダイビングから戻ったあとは、ダイヤモンドヘッドに登ることにしました。

途中の、「Teddy's Bigger Burguer」でハンバーガーセットを食べて、
いざ、ダイヤモンドヘッドへ。

登山というほど山ではなかったのですが(高低差171m)、
急な階段やトンネルがあって、
部分的にかなり大変でした。

↓これは、前日、パラセイリングの船から見たダイヤモンドヘッド。

PA062162.jpg

途中はこんな感じ。

PA072240.jpg

長い階段。

PA072242.jpg


山頂まで40分くらいでした。上から見たワイキキ。

PA072250.jpg


海側。綺麗です!!!

PA072258.jpg


下ったところのトロリー乗り場で、日本人女性2名とおしゃべり。
途中、自転車で来たカップル(日本人)に話しかけて一緒に写真を撮っていたので、
もしやこちらに住んでいるのかな? と思ったら、
「いま自転車で来たのは娘なんですー。隣にいるのは姪。
 先週末、こちらで娘の結婚式だったんです。
 海沿いのダルビッシュとサエコが挙式した教会でね。
 娘たちは明日からハワイ島にも行くんですよ。
 旦那と息子は昨日もう帰って、バラバラなんですけどね。
 娘たちはハレクラニに泊まってますわ~」

とのこと!

お嬢さんは24歳だそうです。若い!
ちなみに、Aちゃん&私は28歳、Sちゃんが24歳です。
(だからどーした?)

いいなー、ハレクラニ!
ちょうどIFI同期の今回来られなかった子が、
今月バリ島で挙式ということもあって、
「結構海外で挙式っているんだね~。いいね~」
と、盛り上がりました。

page top
2日目前半 ― 体験ダイビング、とはいえ
10/6(火)、まずは体験ダイビング。

AちゃんとSちゃんがやってみたいというので申し込んでみました。
ビーチダイビングという以外に情報がなくて、
かなり不安だったのですが、予感は的中……。
もっとちゃんと調べる手立てがあればよかったのですが、
体験だしいろいろ言えないよな~と思ったらこんなことになってしまいました。

るるぶデスクが仲介している業者だったのですが、
あまりにプロ意識のない人たち(しかも日本人)で呆れ果てました。

●呆れポイントその1:魚が20匹くらいしかいない
    ポイント名は「餌付け岩」

●呆れポイントその2:「ダイビング」なのに、水面まで2mくらいしかない
    見上げるとすぐそこに水面。ふざけてるのか!? と思いました。

●呆れポイントその3:20匹しかいない魚たち(種類は10種未満)の名前を知らない
    「こういう魚がいましたがあれって何ですか?」と聞いたら
    2種類しか知らなかった。
    「あーそれはわからないな」って、調べようともせず。
    「信じられないですね!」って言ってやりました。

●呆れポイントその4:データが欲しいと言ったらビーチの名前と時間しか知らされず
    海に入った時点でログ付けする意味ないなと思いましたが、
    あとでぽいっと渡された紙(しかも何かの箱を破った裏紙)を見たら、
    湾の名前とエントリー時間しかなかった。
    途中でゴミ箱に捨てました。

こんな業者にひとり47ドルも払ってやったなんてもったいなくて仕方ありません。
るるぶを信じた私がバカでした。

でも、さらに可哀想なことに、
この業者を通してCカードを取ろうとしていた女子4人組が一緒だったんですよね。
大丈夫だったか、すごく心配です。

潜った場所は、マカプウビーチという、見た目はこんな綺麗な海だったのですが、
中に入ると、波が荒いからか砂っぽくて透明度は悪かったです。

PA072189.jpg
    
page top
1日目 ― パラセイリングとショッピング
さて、ハワイ旅行記の始まりです。
今回一緒に行ったのは、IFIの同期女子2名。
AちゃんとSちゃんです。

最初は4人で行くつもりだったのですが、
1人が外せない仕事が入って結局全部で3人に。
彼女が来られなくなったのは本当に残念でしたが、
3人で存分に楽しんできました!

食べ物とビーチの写真は膨大にあるので、
紹介の意味も込めて、あとから別の記事にしてUPしようと思っています。
まずは、時系列の日記から。


10/5(月)、旅は始まりました。

ノースウエスト航空、022便(20:55発)にてホノルルへ。
約7時間のフライトです。

Aちゃんとは日暮里で、Sちゃんとは京成線の車内にて合流しました。

例によって、行きの飛行機は一睡もできず……でしたが、
女3人集まればかしましいとはまさにこのこと?
着いたらテンションは最高潮!

夜に出たのに、着いたのは同じ日の朝っていうの、ホントに不思議な感覚ですよね。

フリープランとはいえ、一応ツアーなので、
説明会(という名のオプショナルツアーとお土産斡旋)があり、
DFSギャレリアの2階に連れて行かれました。
ワイキキトロリー(シャトルバスのようなもの)乗り放題チケットもここでもらいました。

終了後、各自でホテルへ。
ビーチからは徒歩10分ほど中に入った場所にある
キャッスルマイレスカイコートが私たちのお宿です。

途中、「BLUE WATER SHRIMP」のガーリックシュリンプでランチ!
これが、エビぷりっぷりでおいしかったんですよ~!
もともとは、ノースショアの名物で、そのお店がこちらに最近オープンしたのだとか。


ホテルは12時チェックインで、水着に着替えて、
迎えのワゴンに乗ってパラセイリングへ。

以前ペナン島でやってすごく楽しかったので、
ハワイに行くと決まった時に、一緒に行く友達に楽しさを力説したわけですが、
今回は、110メートル上空まで飛びました。
ダイヤモンドヘッドやワイキキビーチを見ながら、
高いところまで飛べて、前回を超える楽しさでした!

飛ぶ様子はこんな感じ。

PA062154.jpg

PA062163.jpg

私たちは3人一緒に飛んだので、写真どうしよ~と思いましたが、
スタッフが一眼レフ(しかもフィルム)で写真を撮って15ドルで売ってくれるというので、
それを買うことにしました。

現像はこれからですが、ほんっと楽しかったので、
全員満面の笑みの写真ばかりだと思います。


パラセイリングから戻った後は、
アラモアナショッピングセンターへ。
初日からショッピング? と思いますが、
乗り物事情などにより、こうなったんですね。

私は結局ほとんど何も買いませんでしたが、
AちゃんとSちゃんは、頼まれたお土産や、トリー・バーチの靴などなど買っていました。

夕食はそのまま、SC内フードコートの、「Yummy Korean BBQ」にて。
BBQプレートセット2種類とロコモコを食べました。
ロコモコはイマイチでしたが、プレートの方はまずまずのお味。
と、調べたらなぜか名古屋にもあるようです。
日本人がやっている会社??

というのが1日目でした。
翌朝は体験ダイビングということで、
この日はアルコールなしで、さくっと帰って寝ました。
page top
ハワイ行ってきました
5日の夜に出て、先ほど帰ってきました。

あー、楽しかった!

よく遊び、よく食べました。

詳細は追って書きます。

とりあえずは、今回のベストショットのみ。

ノースショア

3日目夕方、ノースショアで見た夕暮れです。

サンセットも綺麗でしたが、
日没後のこの景色が最高でした。
page top
白骨温泉と上高地
1ヶ月半ぶりの白骨温泉と、
2年ぶりの上高地に行ってきました。

白骨温泉はやっぱり泉質がいい!
今回は「湯元齋藤旅館」に泊まりました。

全体的な評価(特に料理)としては、
前回泊まった白船荘新宅旅館のほうがよかったかな?
とも思いましたが、
こちらもなかなかでした。

中秋の名月を愛でたかったのですが、
残念ながら山の中ということもあって、角度的に見られず。
薄いうろこ雲が月明かりに照らされているのを見るのみでした。


そして、今日の上高地は快晴!
雲ひとつない青空!
紅葉にはちょっと早かったのですが、
一部は色づき始めていました。


河童橋より、岳沢&前穂を望む。

PA042122.jpg


焼岳。細く噴煙が上がっていました。

PA042121.jpg


アカゲラ? わかる人教えてー。

PA042127.jpg


変な色づき方していた木。

PA042128.jpg


拡大するとこんな。

PA042129.jpg


ちなみに、朝の気温は10℃でした。
外を歩くにも、羽織るものがないと寒かったです。
page top
れんきゅう♪
やっと!!!

明日から、今年2度目の10連休です。

は~。
やっと休める!

まずは土日で、帰省。
白骨温泉再び&上高地リベンジ(前回天気悪くて諦めたので)です。

月~金はHawaii☆

土日祝まで休んで、13日(火)から出勤です。

ハワイ行きの準備まったくしてないのですが、
ハワイって都会だし、たった3泊だし、
当日は16時に家出れば間に合うし、

月曜日に起きてからで大丈夫ですよね~??


んふふふふ。
それにしても。
楽しみです♪
© hatakoのモノ・コト案内. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG