hatakoが、お勧めするモノ・コト・旅をご案内いたします
page top
SENSEWARE
青山スパイラルホールで今日まで開催していた
「TOKYO FIBER '07 SENSEWARE」展に行ってきました。

JAPAN CREATIONという繊維・素材の展示会が来月あり、
授業の一環で見に行くのですが、その応援企画展です。
新しい化学繊維を使って作ったオブジェみたいなものが、
たくさん展示されていました。

キャッチコピーが、
「知らなかった。日本の繊維はすごい。」
うーん、確かにすごい!
超撥水の布とか、
7デニールという極薄のスーパーオーガンジーとか。
(↑普通のストッキングは20~30、タイツで50~80デニールです)

JAPAN CREATIONの見学は5/11。
楽しみです。

TOKYO FIBER '07 SENSEWARE
http://tokyofiber-jc.jp/

JAPAN CREATION
http://www.japancreation.com/
スポンサーサイト
page top
バナ夫
20070429183712

エリートバナナバナ夫 です。
知ってます?
昨日もらいました。


さて、昨日、IFIの同期16人(ひとりは子供が具合悪く欠席)で、
昭和記念公園にてバーベキューをしました。

バーベキューがまたすごかったんですよ!
超豪華、前代未聞。
公園のバーベキュー広場はバーベキューグループが
ひしめきあっていたけれど、
全部に勝つ自信がある!!

牛肉はオール黒毛和牛、サーロインステーキもあり!
で、鶏肉もブランド地鶏、
豚カルビも当然ブランド豚。
これは、同期のうちひとりが、
以前食料品精肉売場で働いていたからなんですね。
特別安くなってるのかはわかりませんが、
特別な部位を用意してもらえたことは確かです。

魚介類や野菜は他とあまり変わらなかったかもですが、
バーベキューは肉が命ですから~。

さて、話は戻ってバナ夫。
これは、バーベキュー後のリクリエーション企画景品。
ケース付きペンケースです(笑)
円形バレーをして、
8対8でドッヂボールして、その景品です。
顧客調査のグループ2班ずつでチーム分けしたのですが。
そして私は逃げ回ってただけでしたが……。

肉のチョイスからレク企画、景品選びまで、
遊ぶのもみんな本気だな~と、おもしろかったです。
平均年齢27歳強(入学時)というメンバーなのに、
ノリは大学生です。

高級食材費・景品・入園料合わせて3500円。
楽しかったです。
page top
夕焼け
20070428003345

学校のラウンジより18:30ころ、西の空

本当はもうちょっと紅に近い色でしたが。
すごく綺麗だったので撮りました。
配色表現の宿題を、窓に向かってやりつつ、
ふと見遣ったら。
嬉しかったですね。

今日は
午前:色彩とトレンド、配色コーディネイト演習
午後:セルフ・エスティーム(2回目)
でした。

色彩は、まずは今日の自分のスタイルを、
配色表現の名称を使いつつ説明するところからスタート。
最後にやった演習がおもしろかったです。
私の班は「INDIVI LIFE」という
INDIVIというキャリア服ブランドが展開している
雑貨屋さんの店内写真を見て、
配色・質感の特徴から店のコンセプトを説明するというものでした。

コンセプトなど、当たっているとコメントいただきほっとしました。

明日はクラスのメンバー17人全員で、
バーベキュー in 昭和記念公園です
page top
渋谷にて
今日は授業のあと顧客調査へ。
私は街頭でアンケートを取る担当でした。
これがなかなか難しくて……。
声かけても応じてくれないんですよね。

結果、1時間で7人。
一件も取れなかったら本気で凹んだと思うのですが。
まあでも自分が逆の立場だったらなあ……と思いますね。
しかも近くにはキャッチやナンパをしている人もいたし。

また明日行く予定です。


昨日の授業は、
午前:マーケティング・マーチャンダイジング概論
     am/pmの事例研究
午後:コレクション最新情報
     2007-2008年秋冬のコレクション情報
      by ファッションジャーナリスト 福田京子さん
夜 :英語
     素材を英語で表現する

今日の授業は、
午前:商品知識
     シャツについて
      by フレックスジャパン株式会社 坂井敏秀さん
   イタリアのハンドメイドなど、いいシャツいっぱい触りました!
   高級なものを見てから安価なものを見ると、
   差が一目瞭然です。
午後:デザイナー概論&ファッション文化史
   

フレックスジャパン株式会社
http://www.flexjapan.co.jp/

page top
丸の内ハウス
20070424230636
レセプションパーティー行ってきました。

大人のラウンジ!

まさにそのテーマにふさわしいフロアでした。
お酒を片手にフロアをうろうろ。
写真にあるようなミラーボールが回っている空間には
アップテンポなビートの効いた音楽がかかっていて、
ちょっとクラブ(後ろにアクセント)を思わせるような感じでした。

有名人もちらほらいて、
ファッション業界の人もかなり来ていたようです。
勉強不足であまりわからなかったのですが、
それは今後頑張るとして……。

こういう世界ってあるんだなあと、ひとつ大人になった気がしました。
みんなファッションも素敵だし。
こういう場と、こういう日に来る人を見られて本当によかったです。
オープンしてしまえばこの濃い空気が薄まってしまうと思うのですが、
また行きたいですね。

今日はこのフロアでは全く食事ができませんでした。
店によっては提供されていたのですが、
すごい混雑だったこともありますが。

新丸ビルは全体としてとても気に入ったので、
オープンしても絶対行きます。
グランドオープンは4/27の11時。
みなさまもぜひ行ってみてください。

新丸の内ビルディング
http://www.shinmaru.jp/
page top
月・火の授業
書かないと忘れそうなので、携帯より更新。

月曜
午前:綿素材について
    by スタジオアヴニール 竹内忠男さん
午後:オンワード樫山のエピソードを参考に、
   ヒット商品の作り方
    by オンワード樫山名誉顧問 高田健治さん

火曜
午前:ドレーピング(立体裁断) ガイダンス
    by (株)コルクルーム 安達市三さん
午後:課題・コーディネート10体の発表
    by  田中啓一さん(元コム・デ・ギャルソンデザイナー)

明日は朝からマーケティング・マーチャンダイジングの授業、
午後はトレンド最新情報、
夜は英語です。


高田健治さんの著書
『FBの現場力を鍛える ヒット商品を生むMD力と人間力の秘密』

http://www.senken.co.jp/book/m_fb-genba.htm

コルクルーム
http://www2.odn.ne.jp/corkroom/index.html

page top
新丸ビル
20070424212630


内覧会行ってきました!
いやー、すごいです。
白×焦げ茶の豪華な内装、こだわりショップが多いフロア構成。
あちこちでシャンパンやフィンガーフードがが振る舞われています。
ショップによっては、メモパッドや帽子用ブラシをくれるところも。
もちろんいただきました!

それぞれのショップは、
百貨店に入っているようなところがありつつも個性的な店が多く、
それでいてフロアが広すぎなくて見やすい印象。
価格設定もミッドタウンよりこちらのほうが買いやすいし、
オススメ度高いです。

このあと丸の内ハウスのパーティーへ行ってきます。
page top
予告:丸の内ハウスレセプションパーティー
明日の授業が終わった後、
新丸ビル(4/27に開業!)の7階にオープンする
丸の内ハウス(大人のラウンジをイメージしたレストラン街)の
レセプションパーティーに行ってきます。

IFIの先生の伝なのですが、
クラス17名中、希望者先着2名という枠を、
見事1番目に引き当てました。

一緒に新丸ビルの中も見られるとのこと!
こんな機会、滅多にあるものではございません。
楽しみ!!

何着ていけばいいのか本気で迷うのですが……、
やっぱりゲストドレスみたいなので行くべき?

21-23時なので、明日の夜に更新できるかわかりませんが、
様子は必ずこちらにご報告します!


新丸の内ビルディング
http://www.shinmaru.jp/

丸の内ハウス(7階)
http://www.shinmaru.jp/03_floor/7f.html
page top
コーディネイト10体
今日はお休み~。
でしたが、丸一日家で宿題やっていました。

というのは、
雑誌を切り抜いて、コーディネイト10体作り、
模造紙に貼って持参するというもの。
テーマを3つのうちから1つ選び、それに沿ってなのですが、
うーん、難しい。
私のテーマは「SWEET」なので、
つまり甘い感じの雰囲気を演出できるように作るわけです。
でも、自分が好きな感じで作り始めると、
全部同じようなコーディネイトになってしまうんですよね。
それを律しながら作るのが大変です。

ほかにも同じテーマでやる人が5人いるので、
被らないように雑誌5冊も買い込んだのに、
それでもなかなか気に入ったものが作れない……。

一日かかって組み合わせだけは決めましたが、
明日これを拡大コピーとか縮小コピーして、
バランス考えて配置せねば終わりません。

早く終わらせて、明日こそどこか外出したいものです。



page top
色彩!
今日の授業は午後のみ。

色彩のお勉強でした。
以前、カラーコーディネイトのテキストや
フィッティングアドバイザーの研修で少々勉強しましたが、
トーンの名前が最近JIS規格に合わせて変わったらしく、
また、忘れていた部分も多く、勉強しなおしです。

目の錯覚について実際やってみたり、
コレクションの写真を見たり。
実際にデザイン画に色を乗せて、
コーディネイトもしました。
楽しかった~。
またしても宿題出されましたが……。


授業のあとは渋谷へ。
顧客調査のための下見です。

というわけで、あっという間にまた週末。
今週末は火曜提出の課題やります。
雑誌を切り抜いてコーディネイト10体。
小物まで。
難関ですが頑張ります。
page top
装苑賞
今日の授業は、
午前:素材の服への応用
午後:デザイナー概論、パソコンレベルチェック

でした。

午前の講師は、
文化服装学院在学中の1962年に
第11回装苑賞を受賞された、
河村重さん(旧姓:佐々木)です。
デザイナーにはならず、商社に就職されたとのことでしたが、
やはり専門にデザインを学んだ方だけあるなあと思いました。
素材や商品知識の授業はどれもおもしろいのですが、
今日は特に、流行と素材の関係といった内容で、
とても興味深かったです。

装苑賞
http://www.bunka.ac.jp/soen/
1960年代の装苑賞受賞者・受賞作品
http://www.bunka.ac.jp/soen/about/1960.html
page top
パターン、セルフ・エスティーム、英語
寒いですね~。

今日の授業は、
午前:服の基礎知識(パターン・メイキング)
午後:セルフ・エスティーム
夜 :英語の特別講座(2回目)
でした。

服の基礎知識は、
レナウンのパタンナー兼文化女子大学大学院の先生が講師。
体型の性差・年齢差、それに基づいたパターン変化などが内容。
あ、パターンとは型紙のことです。念のため。
「人の体には凹凸がある、
その凹凸を平面である布でどう覆えば、
体のラインが綺麗に見えるか……
そのためにダーツやギャザーを入れたり、
いせ込んだり、プレスしたりする」
というのを、実際のパターンなどを使いながら学びました。

セルフ・エスティームは自己尊重感情のことだそうです。
自分のことを肯定して、目標を明確化して、
今後の人生をよりよく過ごそう といったことを、
エクササイズを通して行う授業です。
今日は「タイトルを付けての90秒自己紹介」や、
自分の強みを他の人から言ってもらう、
成功体験を思い出す などが内容でした。
ちなみに私の「90秒自己紹介」は、
「放浪人生」がタイトルです(笑)
旅好きなので~。

そして、夜は英語
課題に出されていた
"What is FASHION?"
という問いの答えをそれぞれが答えるところから始まり、
英語で仕事のパートナー探し
(職業が書いてあるカードが与えられ、
一緒にビジネスができる仲間を探しプロジェクトチームをつくる)
というところで終わりました。
ちなみに、最初の質問の私なりの答えは、
"Fashion is a means to live happily.
No matter how we are depressed,
we are able to be cheered up
by our favorite clothes.
Also, we can produce ourselves as
what we want to be seen."
です。
もうひとつ、他の人が発言したので言いませんでしたが、
"self-expression"もあると思います。

次回の英語は、英語で"fabric"を学ぶようです。
楽しみです。

page top
マーケティング、など
今日は、
午前:マーケティング・マーチャンダイジング概論
午後:リテール・マーチャンダイジング
でした。

午前は、10回講座の初回。
   戦略と戦術の違いの事例研究でした。
   事例は、織田信長、チンギスハン、プロシアの将軍。
   短時間で個人ワーク、GW、グループ発表と、
   時間との闘いでもありました。

午後は、昨日の午前の続編。顧客調査の方法と活用例。
   早速グループで調査に赴き、まとめて発表という
   課題が言い渡されました。
   私のグループは某SPAの店舗@渋谷が担当です。
   来週には4人のグループで調査に出かけます!

文学部上がりの頭には慣れない部分もありますが、
頑張ります~。


余談ですが、今夜1件OG訪問受けてきました。
同じ高校→同じ大学・学部出身
→同じ会社入社 が決まった女の子です。
ですねえ。
page top
リテールMD,オンワード
今日の授業は、
午前:リテール・マーチャンダイジング
   ~顧客視点から考えるファッションビジネス~
午後:経営とはなにか
   ~アパレルメーカーの歴史とビジネスの実際~

でした。

午前は、小売全般のコンサルティングをされている
森本真由美さんが講師(明日の午後に続きます)。
アパレル分野における職業特徴や、
ターゲットデータの取り方の例、
消費者の購買行動についてなど。
アパレルは異なる職務間でチームを結成するので、
コミュニケーション・情報共有が他業種に比べて重要、とか
(橋渡し型社会関係資本というらしいです)、
購買決定のAIDMAの法則に、
最近は口コミという要素が重要なものとして加わっているということ、また、ネット口コミも増えているが、最終決定要因となるのは店頭、
ということなどを学びました。

午後は、この春までオンワード樫山の名誉顧問をされていた
高田健治さんを迎えての講義でした(来週に続きます)。
オンワード樫山がまだ「樫山」という小さな会社だったころから、
いまのような大アパレルに至る過程、
成功の要素はどこにあったのかというような内容でした。

毎日ホント、刺激になります。


page top
羽衣コンサート@STB139
20070415225423
東京ミッドタウンに寄って、夜はライブハウスレストラン
「STB139スイートベイジル」へ。
ここへ来るのは2度目。
今日は能×ピアノ×笛のコンサートを観ながら食事しました。

三本の笛を同時に吹く笛奏者、一噌幸弘さん(一噌流笛方)が
すごかったです。
5種類くらい(能管/篠笛/田楽笛/ブロックフレーテ/角笛)
吹いていたようです。
能は宝生流の佐野登さん(重要無形文化財総合指定保持者)、
ピアノは「Maochica」という2人のピアノユニット。

なんというか、とてもエキサイティングなステージでした。
こんな組み合わせありなんだ!
と思いました。

新しい世界をまたひとつ知りました。


「STB139スイートベイジル」http://stb139.co.jp/
「4/15の演目」http://stb139.co.jp/139/soundful/apr/eve15.html
「一噌幸弘」http://www.rinsen.co.jp/html/isso/isso_map.html
「Maochica」http://www.maochica.com/
page top
モネ展@国立新美術館
20070415224525
行ってきました!

国立新美術館はオープン後初です。
大好きなモネの絵がいっぱいで、幸せなひとときでした。
だいたい『モネ展』と銘打っていても、
その他の印象派の絵が多かったりするのですが、
今回は違いました!
モネの絵がたくさん。
所蔵美術館も、オルセー美術館、マルモッタン美術館のほか、
国内の県立美術館や、国立西洋美術館のものも多くて、
日本人のモネ好きを再認識しました。

オルセー・マルモッタンは、
本家パリでも、
東京で開催された展覧会も観ていますが、
やっぱり好きな絵は何度観てもいいですね。
そして絵はやっぱり肉筆を見るに限る!
筆のタッチの隅々まで見られるのはこうしたときならではです。

あと、今回の新発見は、
晩年の作品になってくると大胆な画風になってきて、
塗り残しが(わざと?)多々見られるということ。
それがまた味なんですよね。
モネといえばの、
「睡蓮」、「ルーアン大聖堂」、「積みわら」、
「ポプラ並木」、「サン・ラザール駅」の各シリーズ、
その他、バラの絵(モネが描く赤、好きなんです)など、
大満足でした。

さて、この美術館、ミュージアムショップもかなり充実。
所蔵作品を持たない美術館だから、
こういうところにもすごく力を入れているんでしょうねえ。
他会場では「異邦人たちのパリ」を開催中でした。

ランチは、地下1階のカフェテリアにて。
ハヤシポーク1000円也。
他にも、1階がカフェ、2階がティーサロン、3階がレストラン。
2つの展覧会梯子すれば、1日いられるかもしれません。


「大回顧展モネ」http://monet2007.jp/
「国立新美術館」http://www.nact.jp/index.html
page top
茅ヶ崎紡織見学!
茅ヶ崎紡織株式会社@茅ヶ崎に工場見学行ってきました!

20070413220608

入り口。
桜吹雪が綺麗です。写真がちょっとイマイチですが。

さて、この工場で見学したのは、
ニットの糸の製造過程です。
こちらの会社は、パリの素材見本市にも出展しているんですよ。
すごいですよね~。
最初に工場長の鵜飼さんからお話を聞き、
工程のビデオを見せてもらったあと、工場内へ。

紡毛糸(ぼうもうし=ふわっとした太めの毛糸)と
梳毛糸(そもうし=光沢のあるしなやかな細い毛糸)が
作られる過程を見学しました。
それぞれが作られる工程は全く違うんですよね。
紡毛糸は、毛質と機械の精度+熟練した職人の技が必要な箇所があって、
やはりこちらは日本製でなければ……といったところ。
一方の梳毛糸は、そこまで違いがなく、
中国の大量生産に押されているようです……。

そんな中でおおっと思ったのが、
機械が糸を引き伸ばしたり撚りをかけて細い糸にするところで、
切れてしまったときにつなげる作業をしていた女性の方々。
糸の端を持って、もう一方の糸の真ん中あたりにピッとつなげます。
そのピッがなかなか難しい。
やってみたい人~ と言われたので、
やらせていただきましたが、一度目は無理でした。
うーん、技ですね。

最後に、お話聞かせていただいて、復習して、
おみやげまでいただいて校外学習を終えました。
売場にいては見られない「川上」の生産現場!
楽しかったです。


なお、工場見学は1名からでも受け付けてくださるそうです。
茅ヶ崎駅からタクシーで片道1400円くらい(たしか)。
興味がある方はぜひ。
感動します。

茅ヶ崎紡織株式会社
http://www.chigasaki-jp.com/

紡毛工場の様子
http://chigasaki-jp.web.infoseek.co.jp/j_fac_woollen.html
梳毛工場の様子
http://chigasaki-jp.web.infoseek.co.jp/j_intro.html
テキスタイル輸出に関する記事↓
http://www.sen-i-news.co.jp/3.0/seek.asp?id=99516
page top
ブログ道、メール道
今日の授業は、
午前①②:素材
午後③:デザイナー概論
午後④:メール道 


今日の最後の授業は、
このブログを作る発端となった先週の授業の後半でした。
講師は久米繊維工業 代表取締役 久米信行さんです。
『ブログ道』『メール道』の作者でいらっしゃいます。

先週の
「ブログはこれからの
ICT(Internet Communication Technology)時代の
 貴重なビジネスツールとなる」
に続いて、
今日は「社長と店長のためのメール道」ということで、
有効な、心に響くビジネスメールの書き方がメインテーマでした。
メールには心がこもらな、人柄は出ないというのは嘘で、
ツールなのだから使い方次第! という内容。
会いたくなるようなメールをどんな思いを込めてどうやって書くか、
というお話でした。

電子署名も重要なツール!
ブログも使い方次第!(私のこのブログもコメントいただきました)。
勉強になります。

また、今日は、この春久米繊維工業に入社したという
他の社員の方を2人お連れになっていらっしゃいました。
ものづくりの立場にいらっしゃる方々と話すのは楽しいですね。
会社が学校から近いので、
本気で今度遊びに行かせていただこうと思います。


久米繊維工業 T-galaxy http://www.t-galaxy.com/
『ブログ道』http://www.amazon.co.jp/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%81%93-%E4%B9%85%E7%B1%B3-%E4%BF%A1%E8%A1%8C/dp/4757101694
『メール道』http://www.amazon.co.jp/%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%AB%E9%81%93-%E4%B9%85%E7%B1%B3-%E4%BF%A1%E8%A1%8C/dp/4757101295
page top
疲れ癒しメニュー(ポトフ+トマト)
20070411205315


今日は早く帰れたので……
私の中での筆頭「疲れ癒しメニュー」を作りました。
人参、じゃがいも、玉葱、ブロッコリー、舞茸、ホールトマト、
アンティエ。
アンティエは結構重要。http://www.nipponham.co.jp/products/sausage/antie_lemon/index.html
これらをローリエとブイヨン入れて、煮込むだけ!
食べ終わってからセロリ入れ忘れたって気付きましたが……。

元気の源はやっぱり栄養あるおいしい食事から!
(ちゃんとしたものを食べるようにと、
 昨日赤峰さんのお話にもありました。
 生活の乱れは見てわかるそうです。怖っ)

明日も頑張ります!
page top
本物志向
午前の授業の講師は、
元コム・デ・ギャルソン・オムのデザイナー、田中啓一さんでした。

私たちの自己紹介で時間の半分が終わってしまったのですが、
今日の講義を要約すると、
本物に見て触れることで本物はなんたるかを知る
 といったところでしょうか。
本物をたくさん見ていれば偽物をすぐ見分けられるということ。
昨日の講義とちょっと似てますね。

来週までにコーディネイトを10体、
雑誌等の媒体から切り抜いてコラージュして作る
という宿題が課されました。


素材はとにかくたくさん触ってみることという話だったので、
帰りに途中下車して某百貨店へ。
いくつかの売り場を回って服を触って回りました。
混紡(綿×レーヨンとか)のものはわかりにくかった……。
4年間販売してきても自分の実力はその程度のものか、
ということでしっかり勉強しなおしです。

そんなこともありつつ、明日は朝から素材の授業。
楽しみです。

page top
インコントロ×テーラー・ケイド
今日は午前にスペシャルゲストが来てくれました。
(株)インコントロの赤峰幸生さんと、
テーラー・ケイドの山本祐平さんです。

メンズファッションの権威赤峰さんと、
テイラーのスペシャリスト山本さんのセッション!
入学翌週にしてこんなにスペシャルな方々のお話を聞けるなんて!

講義全体通してのテーマは「感」でした。
感動、感性、感激……など、五感で感じること。
いま、ファッションビジネスに携わっている人たちには
それが足りないとのことでした。
それから、classicの様式美について。
メンズファッションについて真のスペシャリストから、
現代のメンズファッションについて厳しい意見が飛びます。
紳士は、自分が「オシャレ」と主張せず、
主張するような格好をせず、でもよいものを着て、
さりげなく後ろからモードなファッションの女性を引き立て、
わかっているよ とさりげなく(←重要)伝えられる人
だそうです。

塩野七生『男たちへ』に書いてある行があるそうですが、
そんな人いるかなあ……。

中で、すごく納得したのが、
ポップやモードは、クラシックというベースがあってこそ、
そこから作れるものであり、それがベースにあってこそ美しい。
ということ。
思えば、印象派の画家やピカソも、
素晴らしいデッサン力があって、
そこから独自の画風に進んだんですよね。

何事もしっかりとした基礎があってこそ。
おふたりはそれを1950-1970sころの映画で学んだと
おっしゃっていました。
ハリウッドやイタリア、フランス映画など。
お勧め映画リストもいただきました。

今日最後にあった言葉は、
「感動なきシステムの中にはなにもない」
……心にくるお言葉です。
売上追求だけしても中身が前提でなければ、って話です。

(株)インコントロ http://www.incontro.jp/
テーラー・ケイド http://www.tailorcaid.com/

補足ですが、今日のその他の授業は、午後→素材、夜→英語 でした。
学校滞在12時間。
昨日は、午前ファッションビジネス概論、
午後、都立産業試験場見学。

明日は朝から、
元コムデギャルソン・オムのデザイナー田中啓一さんの講義です!

page top
nanette lepore
20070408234715


今日は一日お買い物! でした。
そして、nanette lepore デビュー!!
いつもは可愛すぎるかもと敬遠していたのですが、
甘くなりすぎないものもたくさん出ていて、
写真の蝶柄スカート、ニット、キャミソール2点を買いました。
スカートは綿素材で、左右のポケットも可愛いのです。
お値段 ¥21,000+tax。
着るのが楽しみです。
page top
初めまして!
こちらにてブログを始めることにしました。
テーマは学校で学んでいることと「モノ・コト」案内のつもりですが、
カテゴリーは今後追加していく予定です。

簡単に自己紹介を追加すると、
上京して都内の大学に通った後、
4年間某大手百貨店の婦人服売場で販売に携わっていました。
その間にフィッティングアドバイザー2級取得。
会社で取った唯一の資格がこちらです。

そして、この春から、会社から研修生として、
「IFIビジネススクール」マスター・コースに派遣されました。
来春までの一年間、ファッションビジネスについて学びます。

学校での講義の内容、
買ったり見たり食べたりした「いい!」と思った物事のことを、
更新していくつもりです。

ファッションビジネスの勉強ってなんだろう? と思った方、
更新をお楽しみに。
私にとっても未知数で、大変そうだけど楽しみです。

© hatakoのモノ・コト案内. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG