hatakoが、お勧めするモノ・コト・旅をご案内いたします
page top
【クロアチア・南イタリア】旅の費用
ようやく旅行記を書き切ったので、恒例「旅の費用」を大公開します。

<旅行代金>
◎日本旅行に支払った旅行代金計  391,020円
    基本旅行代金    329,900円
    一人参加追加代金  54,000円
    空港諸税  7,120円

<保険>
◎海外保険料(AIU) 8,690円

<その他>
◎現地で使ったお金(飲食、自他へのお土産、チップ等)
約20,000円 ←クロアチアで約1万円分、イタリアで70ユーロ分
◎成田まで交通費・食費など 約3,000円


というわけで、計42万円ほど、今回の旅行で使ったようです。
おみやげほとんど買わなかったけど、基本料金が高かったからなあ。

去年の中欧や一昨年のスペインに比べると+15万円ですね。
2日長かったことやホテルなどが豪華だったことなど、
色々総合して……そんなものですかね。
そもそも日本旅行ですしね。

やっぱりちょっと高かった気はするけど、
内容の充実具合は半端なかったのでお金の使い方としては概ね満足です。

ちなみに、ユーロの為替レートは、
一昨年 1ユーロ=100円
昨年 1ユーロ=125円
今年 1ユーロ=140円
でしたが、昨年のユーロが余っていたので、35ユーロ分はそれを使いました。
(ちょっと得した!)

クロアチアの通貨クーナは、15,000円替えましたが、
ほとんど欲しいものがなかったので、結局1万円分しか使わず、
クロアチア最終日、ドブロヴニクでクーナ→ユーロに両替しました。
 ※ドブロヴニクのレストランやお土産店ではユーロが使えました

ちなみに、15,000円→801クーナ 
残金の270クーナ→35ユーロ になりました。
スポンサーサイト
page top
【クロアチア・南イタリア】9→10日目 帰国
どんなに楽しい旅でも、やがて終わりが訪れる……。

ということで、帰国の日がやってきました。

ヴェスビオス山を見ながら、ソレントからナポリ空港へ。

P5294708.jpg

12:30発のアリタリア、AZ1264便でローマへ。
約1時間の空の旅。

ローマで乗り継ぎのときに食べたチョコレートのジェラート。
※一昨年、スペインからの帰りでも、ここで同じジェラートを食べています

P5294713.jpg

ローマからは、15:15発のAZ784便で成田へ。

このとき隣に座ったのが、イギリス在住の中華系カップル。
ひとりが香港出身で、ひとりは中華系だけどロンドン出身ということで
(名前は2人とも普通に中国人でした)
前の日に結婚したばかりで、ハネムーンで日本に行くんだと言っていました。
全部で12日間だったかな。
東京に3、4日いて、その後横浜から北海道にかけてクルーズするとかで……、
日程表とか地図とか見せてもらったら、
知床や稚内、サハリンにも寄港するという話で羨ましく思ったのを覚えています。

渋谷のスクランブル交差点と、明治神宮か新宿御苑のような庭園に行きたい、
京都にも行きたいけど日帰りは可能か、できれば富士山も見たい、
六本木には行った方がいいか? などなど、色々お喋りしました。
話す前は、人目を憚らずにベタベタしているカップルだったので
めんどくさいなー と思っていたのですが、ま、話せば変わるものです。
なんで話したのかきっかけは忘れましたが。

そして5月30日の朝、ほぼ定刻、10時半頃に成田に着きました。

成田でみなさんとは別れ、京成線で帰りました。
色々ハプニングもありましたが、メンバーにも恵まれ、楽しい旅でした。
page top
【クロアチア・南イタリア】8日目 ソレント第2夜
ソレントに戻ってからは自由時間。
夕飯は、KさんとN夫妻と4人で、ソレントの街に食べに出ました。

まず通りかかったのはこんなところ。

P5294641.jpg

ワインの量り売りです。
N夫妻が買っていました
一番安い銘柄で、1リットル当たり1.6ユーロでした。
だいたいどれも1リットル当たり2~3ユーロだったような。
ポリプロピレン(?)の瓶を買っても+0.5ユーロ。
水より安い。

ただし、飛行機に持ち込めないので(おそらく栓が飛ぶ)、
翌日飛行機に乗るまでに空けるしかないわけで……。
飲めるっていいなあと思ったのでした。

前夜はホテル着が深夜だったので、当然街に出る時間もなかったのですが、
ホテルから街の中心までは歩いても10分くらいでした。

P5294652.jpg

レストランは、
「地元の人で混んでいる」
「アクアパッツァが食べられる」
の2つの条件で選び(「アクアパッツァ」の発音が通じなくて苦労しましたが)、
結果的にとてもおいしいお店に行き当たりました!

こちらのビールをいただき……。

P5294653.jpg

ムール貝のパスタ、ピッツァマルゲリータ、アクアパッツァを堪能。
アクアパッツァは、テーブルの目の前で取り分けてくれました。

P5294665.jpg

P5294667.jpg


付近を散策して、

P5294680.jpg

デザートにジェラートを食べてホテルに戻りました。

ジェラートには生クリームを付けてもらったのですが、
ジェラートを覆い隠さんばかりのたっぷり加減でしたー。

P5294682.jpg
page top
【クロアチア・南イタリア】8日目 アマルフィ海岸
ソレントに戻ってからは、最後の目的地、アマルフィ海岸へ。
これも世界遺産なんですよね。
まあ確かに綺麗なところだったんですけど、
なんでもかんでも世界遺産って気がしないでもない……。

まずはポジターノから。
ここがアマルフィ海岸の西の端で、アマルフィ海岸とは、
ここからアマルフィ、そしてヴィエトリ・スル・マーレにかけての海岸を指すそうです。

アマルフィよりこちらの方が好きな感じでしたね。

P5284518.jpg

展望台より。

P5284521.jpg

途中立ち寄った「エメラルドの洞窟」。
カプリ島の「青の洞窟」 に入れなかったので、
追加料金でもみんな入りたい! といって入ったのですが……。

P5284562.jpg

もうね、この見えてるところですべてですよ。↑
しょぼかった……。
光が反射して綺麗……にしてもこの規模感のなさは残念でした。

P5284566.jpg


海岸沿いをドライブ。
そうそう、海岸沿いの道がすごく狭いので、
私たちが乗ったバスもミニバスのような小さなバスでした。

P5284536.jpg

そしてアマルフィ。

P5294630.jpg

街の中心は大聖堂。
大聖堂は何度も改修されており、様々な建築様式が混在しているのだとか。
外観のストライプはコルドバのメスキータに似てるなと思いました。

P5294588.jpg

柱の並び方が特徴的。宝物殿も見学できました。

P5294591.jpg

アマルフィの路地。

P5294618.jpg

アマルフィ海岸は、海がすごく綺麗で、
その海の青と、崖に立ち並ぶカラフルな建物のコントラストがよかったです。
建物がカラフル、というのも、色合いがなんとなくノスタルジックで、
海の色と喧嘩しないんですよね。

地中海の中心という立地と、背後の断崖絶壁が自然の要害になる
……という条件に恵まれて、
この地には10世紀に都市国家が建設されたそうです。
だから世界遺産というのも文化遺産なんですね(1997年登録)。
単純に「海岸」と言われると自然遺産かなと思ってしまいますが……。

この日の観光はこれで最後。
ソレントに戻りました。
page top
【クロアチア・南イタリア】8日目 カプリ島
観光最終日。

この日は午前中にカプリ島(1万円のオプション)、午後にアマルフィ海岸でした。

まずはビュッフェの朝食。

これ、オレンジ3個くらい放り込むと、グラス一杯のジュースが出てくるという仕組み。
超フレッシュジュースを朝から満喫。

P5284404.jpg

P5284405.jpg

ソレントの港からカプリ島行きの船に乗り込んだのですが(しかも朝の8時半!)、
着いたらこんな状態で……。

P5284422.jpg

添乗員さん曰く、小舟が並んでいる=青の洞窟に行けない

だそうです。
最終的に洞窟に入るときにこの小舟に乗るから、
入れるときはこんなところに接岸していないのだとか。

こんな看板が海岸に出ていました。

P5284420.jpg

絶対朝の時点で行けないってわかってると思うんだけどな。
ここまで行かないとわからないってひどいですよねー…。

代わりに、リフトで、ソラーロ山の山頂に行きました。

P5284452.jpg

上から見下ろすと……。
こんな!!

P5284439.jpg

青の洞窟入れたら絶対綺麗だっただろうな……。
また来ます……。

若干の自由行動の後、カプレーゼ&魚料理のランチ。
カプレーゼの語源はカプリなんだそうです。

P5284479.jpg

こんな素敵なレストランでした。

P524478.jpg


ランチ後、ソレントに戻りました。
© hatakoのモノ・コト案内. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG