hatakoが、お勧めするモノ・コト・旅をご案内いたします
page top
【台湾】 旅の費用
恒例「旅の費用」を大公開します!

<旅行代金>
◎「さわやかプラス」に支払った旅行代金計 46,200円
    基本旅行代(燃油サーチャージ込み)+空港使用料+現地税

<保険>
◎海外保険料 5,400円

<その他>
◎現地で使ったお金(遊んだお金、お土産、交通費、食費、チップ等)
 約32,000円
    脊椎矯正      3,400円
    変身写真      12,000円
    故宮・台北101   2,100円
    自他へのお土産  6,800円
    交通費        2,200円
    食費         5,400円

◎羽田まで交通費 約1,200円


というわけで、計85,000円ほど、今回の旅行で使ったようです。
 ※現地の通貨(台湾元)は1元≒3.5円で計算しています。
台湾行っただけなのに、と思えば高い気もするけど、
中欧旅行の3分の1ですね。

変身写真とか脊椎矯正とかやらなかったら7万円に収まった様子なので、
まあそんなものでしょう。
海外保険料込みだし。

あと、動き回るのにやたら忙しかった&体調崩したせいで、
食費が随分安く上がりました。

羽田までだと国内交通費が半額以下になりますね。
着くまでもすぐだし、着いてからもスムーズに出国できるので、
今後も積極的に利用したいと思います。
スポンサーサイト
page top
【台湾】4日目 変身写真・帰国
4日目、最後の日です。

ホテルでの朝食後、残っていたライチを食べ切り、
向かった先は「1981台北寫真館」です。

忠孝新生駅近くの住宅街にあるこの写真館で、撮影したのは「変身写真」。

P7291737.jpg

ドレスを着て、ヘアメイクもしてもらって、
セットの中でポーズを付けて撮影するというもの。
体験コース(3,000元)をやってみました。

あとでもらえる写真(アルバム&CD-R)は4枚だけ……ですが、
2つのセットで、20カットくらい撮影した気がします。
ヘアメイク(つけまつげ&かつらも)で完全に別人になった私……。
楽しかったですが、ポーズ取るのが難しかった!!

カメラマンさんはまあまあ日本語が喋れたので、
「手はこっち、あご引いて、口ちょっと開けて、目線はそっち」
などと指示してくれるのですが、
そんなポーズ取ったことないし!! って感じでした。
よーくわかったのは、セクシー系ポーズは難しいということ(爆)

アルバムとCD-Rは約3週間後に届くよう、日本まで送ってくれるそうです。
まだ届いていませんが、完全に別人な自分が、
最終的にどんな姿になっているか楽しみです。
その場で自分のカメラや携帯では撮れなかったので……。

この日の午前はもうこれで終了。
帰りながら、タピオカミルクティーと胡椒餅を買って、
ホテルのロビーで食べながら迎えの車を待ちました。

P7291746.jpg

迎えの車が来てから、再両替もできるお土産屋さんに寄って空港へ。
(このお土産屋がボッタクリでした。うっかり買ってしまったものの、
 空港で売っていた同じものが半値以下でした……)

で、あっという間の帰国。
出発時刻が少し遅れて16時半くらいでした。

P7291757.jpg

羽田着は20時過ぎ。
入国審査もスムーズで、家には22時半頃着きました。
page top
【台湾】3日目 九份
バスに揺られること1時間半、『千と千尋の神隠し』の舞台になった九份に到着。

迷子になるために行くような、なんとも不思議な街でした。
観光客が多過ぎて、浅草の仲見世みたいだなあとも思いましたが……。

メインストリートである基山街を歩きます。

P7281681.jpg

「九份茶坊」という茶藝館でティータイムにしたのですが、
おいしくて雰囲気もまあまあよかったけど、高かったですね……。
観光地価格?
金萱茶(2人)、烏龍茶チーズケーキ、パイナップルケーキ2個で990元でした。
故宮の高級レストランでのランチと同じ値段でした。

P7281688.jpg


テラスからの夕景。

P7281702.jpg

P7281705.jpg


ここでお茶した後は、階段を下り、湯婆婆の屋敷のモデルとなった店の前を通りました。

P7281723.jpg


それから、自分の名前を花文字で書いてもらって(250元)、九份観光は終了。

P7281714.jpg


帰りは、なかなかバスが来なかったので、
その場で日本人の女の子2人とタクシーに相乗りして台北に戻りました。
帰りは1時間もかからなかったですね。
台北まではタクシー1台1000元と決まっているようです。
割り勘して一人250元でした。

この日の夕食は、ホテル近くのモスバーガーで買って帰って、
ホテルの部屋で食べました。
遅いティータイムでそんなにおなかが空かなかったんですよね……。
なんと、アルコール抜きで3晩とも終わることになってしまいました。
page top
【台湾】3日目 台北101
朝食はホテルでいただき、
部屋に帰って、デザートにマンゴーとライチ!
包丁はホテルで借りました。

P7281626.jpg

P7291736.jpg

どちらもみずみずしくて、とってもおいしかったです。

この日は、まず台北101へ向かいました。
ホテルから台北駅へはこんな感じ。
漢字一文字に看板1枚を当てて縦に並べるのが中華圏独特だなあと、昔を思い出しました。

P7281629.jpg

台北駅から板南線で市政府駅、そこからシャトルバスで行きました。
なので、外からの写真はありません……。

中に入ると、高級ブランドがたくさん入ったショッピングモールになっていました。
ヴァンクリだけ冷やかしました(笑)

P7281636.jpg


展望台へのエレベーターは30分待ち。
ちょっと霞がかっていたのですが、台北の市街がよく見えました。
無料のオーディオガイドがあって、いろいろ説明してくれました。
382mの屋内展望台、390mの屋外展望台の両方に行きました。

P7281643.jpg

P7281666.jpg


ランチは地下のフードコートの鼎泰豊でと思ったのですが、
45分待ちだったので断念。

別の店で、米粉のヌードルと豚肉の竜田揚げ(?)120元をいただきました。
注文してから作ってくれて、おいしかったです。

P7281674.jpg

P7281675.jpg

ランチの後は、近くの誠品書店に寄って、
九份行きのバスが出る忠興復興駅に向かいました。

本当は誠品書店で何かおみやげになるものも買いたいと思っていたのですが、
このあと九份に行くことを思うと買えなかったんですよねー。

あと、誠品書店のアルファベット表記が「eslite Bookstore」だったので、
esliteってなんだ? と思ったのですが、
帰ってきて調べたら古いフランス語で、eliteの意味だそうです。
スッキリ~。
page top
【台湾】2日目 食べて歩いて…
故宮の後は、台北にある自社の系列店舗を見に行きました。
(Aちゃんにも付き合ってもらいました)

その帰りに、念願のマンゴーかき氷!
単なる氷ではなく「雪花冰」なんですよ。
ミルク入りマンゴージュースを凍らせて削った感じ。
上には新鮮なマンゴーがたっぷり。これで130元。
(食べかけ写真ですが……)

P7271605.jpg

いや~、おいしかったですねえ。


そのあとは、士林夜市へ行きました。
ここでは何も買いませんでしたが、とにかくすごい人でした。
帰り道に出ていた果物屋さんで、マンゴーとライチを買いました。

P7271611.jpg

P7271609.jpg


夕飯は、台北駅に隣接する商業施設「Qsquare」のフードコートで。

P7271621.jpg

なぜかシンガポールチキンライス(笑)
ですが、店員さんは愛想いいし、ごはんはおいしいしで最高でした。
これで2人分、260元でした。

P7271624.jpg
© hatakoのモノ・コト案内. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG