hatakoが、お勧めするモノ・コト・旅をご案内いたします
page top
メトロポリス・クラシックス
日曜日、久しぶりにクラシックコンサートに行ってきました。
メトロ文化財団主催のコンサート、
「メトロポリス・クラシックス ―オーケストラが紡ぐ夢と情熱の響き―」です。
地下鉄の駅に2,000名ご招待とポスターが貼ってあったので応募したら、当選。

席が決まっていると思って開演30分前に行ったら、
どうやら当日の先着順でいい席だったようで、3階席に……。
オーケストラの演奏なのでそこまで影響ありませんでしたが、
1曲目は少し音が遠かった気がします。

演奏は東京都交響楽団、指揮は渡辺一正、司会は朝岡聡。
指揮者も司会も知らない人でしたが、司会が曲の解説をしてくれるので
馴染みのないクラシックも楽しく聴けました。

後半はベルリオーズの幻想交響曲。
第1、2、3、4、終楽章 交響曲の全楽章を通して聴くのは
初めて、若しくは記憶にないほど久しぶりでした。


<前半>
ヘンデル作曲/ハーティ編曲 組曲『水上の音楽』より 第1曲 アレグロ
バッハ作曲/ストコフスキー編曲 『トッカータとフーガ』ニ短調 BWV565
ウェーバー作曲/ベルリオーズ編曲 『舞踏への勧誘』 op.65

<後半>
ベルリオーズ『幻想交響曲』
第1楽章≪夢、情熱≫
第2楽章≪舞踏会≫
第3楽章≪野の風景≫
第4楽章≪断頭台への行進≫
終楽章≪魔女の夜会の夢≫

<アンコール>
ドビュッシー『月の光』
スポンサーサイト
© hatakoのモノ・コト案内. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG